Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (19)  |  RSS/ATOM 記事 (55417)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (55417)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

総会での講演(2020)  from さつき会|東京大学女子ネットワーク・コミュニティ(東京大学女子卒業生・女子学生同窓会)  (2021-9-15 14:20) 
会員は、講演の画像をご覧いただけます。 『人類はやはり宇宙を目指す』林左絵子さん(82理) https://www.satsuki-kai.net/lec-2020/ パスワードが必要です。 パスワードの再発行は、?お名前 ?卒/修年 ?学部/研究科を明記の上、 お問い合わせフォームからご請求ください。   The post 総会での講演(2020) first appeared on さつき会|東京大学女子ネットワーク・コミュニティ(東京大学女子卒業生・女子学生同窓会) .
バイオベンチャー株価週報、そーせいがムスカリン薬の再導出期待で年初来高値圏、ステムリムは塩野義の発表  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 11:00) 
 日本の株式市場に上場するバイオベンチャー企業の株価を週ごとにウォッチしていく「バイオベンチャー株価週報」。2021年9月10日金曜日の終値が、前週の週末(9月3日)の終値に比べて上昇したのは25銘柄、下落したのは19銘柄、不変だったのは3銘柄だった。
米Stanford大学など、サイズが半分のCRISPRゲノム編集システムを開発  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 7:00) 
 米Stanford Universityなどの研究者たちは2021年9月3日、哺乳類細胞では機能しないCas12fを改変し、ヒト細胞で効率良く機能する、より小さなゲノム編集システムを開発した。サイズが小さくなったことにより、遺伝子治療に用いた場合のヒト細胞への送達が容易になると期待される。
PMDA、エクソソームを利用した治療用製剤で専門部会を設置  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 7:00) 
 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2021年8月、エクソソームを含む細胞外小胞(EV)を利用した治療用製剤に関する専門部会(部会長:京都大学大学院薬学研究科の高倉喜信教授)を立ち上げた。
2021年9月13日号 目次  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 7:00) 

伊藤勝彦の業界ウォッチ、Bayer社の2021年度上期決算──売上収益が増収でも、最終利益は赤字  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 7:00) 
 欧米の製薬企業の2021年度上期決算を読み解く連載。今回は、ドイツBayer社を取り上げる。2018年6月に630億ドル(約7兆円)で米Monsanto社の買収を完了したものの、Monsanto社の除草剤を巡る訴訟の影響を今期も受け、最終利益は2期連続の赤字となった。
大日本住友製薬がフロンティア事業で説明会  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 7:00) 
 大日本住友製薬は2021年9月8日、フロンティア事業説明会を開催した。説明会冒頭、野村博社長は「“薬以外のソリューション”を探索する中で出てきたアイデアを丁寧に育てて、医薬品に次ぐ成長エンジンにしていきたい」と語り、新規事業創出への期待を示した。
業界こぼれ話、科研費の審査区分見直しに戦々恐々  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 6:49) 
 2023年度から、科学研究費助成事業(科研費)の審査区分表が見直されるようだ。審査枠組みの見直しは5年に一度の恒例行事だが、今回は2018年度の大改定「科研費改革」以降、最初の見直しとなる。「より公正な競争を」と、審査区分を大くくりにするなどした科研費改革から3年。勃興してきた新分野が区分に書き足された一方で、申請件数の少ない区分を合同審査化した。申請件数を調整するため、ある分野を別の区分に組み入れたりという動きもある。そうした分野では、これまでよりも競争率が高くなる可能性が高い。
特集、欧米製薬企業のパイプライン分析―2021年度2Q(領域編)  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 6:47) 
 調査対象15社のプロジェクト総数は1350件だった。2021年度第1期四半期からわずか3カ月の期間に45件も増加しており、研究開発に対する積極的な投資が続いている。
特集、欧米製薬企業のパイプライン分析―2021年度2Q(企業編)  from 日経バイオテクONLINE  (2021-9-13 6:46) 
 欧米大手製薬企業の2021年度上期(1月から6月)決算発表時にアップデートされた各社のパイプライン情報に基づき、その開発領域やその段階、新規分子化合物(NME)数などについて調査した。対象企業は表1に示した15社である。なお、2020年度に医療用医薬品売上高で世界第10位となった、武田薬品工業のデータも参考値として加えた。



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5542] » 
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.