Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
研究業績
著書
大武美保子.介護に役立つ共想法−認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション,中央法規出版,2012.(amazon)(facebook)(ニュース)

Mihoko Otake, Electroactive Polymer Gel Robots - Modelling and Control of Artificial Muscles, Springer Tracts in Advanced Robotics, Vol.59, Springer-Verlag, 2009. (ISBN 978-3-540-23955)(springer)(amazon)(ニュース)

研究論文

Myagmarbayar Nergui and Mihoko Otake, Development of a Tool for Assisting Group Conversation by Re-voicing Supportive Responses, Applied Mechanics and Materials, Vol. 446 - 447, pp. 1040 - 1044, 2014.

Mihoko Otake, Myagmarbayar Nergui, Takashi Otani and Jun Ota, Duplication Analysis of Conversation and its Application to Cognitive Training of Older Adults in Care Facilities, Journal of Medical Imaging and Health Informatics, Vol. 3, No. 4, pp. 615 - 621, 2013.

Myagmarbayar Nergui and Mihoko Otake, Laughter Detection for an Assisting Tool of Group Conversation, International Journal of Signal Processing Systems, Vol. 1, No. 2, 2013.

Myagmarbayar Nergui, Yuki Yoshida, Nevrez Imamoglu, Jose Gonzalez, Mihoko Otake, Wenwei Yu, Human Activity Recognition Using Body Contour Parameters Extracted from Depth Images, Journal of Medical Imaging and Health Informatics, Vol. 3, No. 3, pp. 455-461, 2013.

Myagmarbayar Nergui, Lin Pai-hui, Gota Nagamatsu, Mikio Waki and Mihoko Otake, Automatic detection of laughter using respiratory sensor data with smile degree, Proceedings of the International Conference on Advances in Computing, Communications and Informatics, pp。12 - 15, 2013.

Myagmarbayar Nergui, and Mihoko Otake, Facial Expression Detection through a RGB-D sensor for an Assisting Tool of Group Conversation, Proceedings of the International Conference on Modern Trends in Science Engineering and Technology 2013, pp.17 - 21, 2013.

Myagmarbayar Nergui, Yoshida Yuki, Nevrez Imamoglu, Jose Gonzalez, Mihoko Otake and Wenwei Yu, Human Body Contour Data Based Activity Recognition, Proceedings of the 35th Annual International Conference of the IEEE EMBS, pp.5634-5637, 2013.

Mihoko Otake, Surya G. Nurzaman, and Fumiya Iida. Embodied Cognition in Psychological Therapy, Journal of Cognitive Science, Vol. 13, pp. 431 – 452, 2012.

Taichi Yamaguchi, Jun Ota, Mihoko Otake. A system that assists group conversation of older adults by evaluating speech duration and facial expression of each participant during conversation. In Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 4481-4486, 2012.

Mihoko Otake, Seamless Connection of Present, Past and Future via Coimagination Method, Proceedings of the International Reminiscence and Life Review Conference 2011, pp.172 - 185, 2011.

Takashi Otani, Jun Ota, and Mihoko Otake. Conversation Characteristics of Older Adults in Care Facilities, Proceeding of The 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp. 283 - 292, 2010.

Takuya Ueshima, Jun Ota, and Mihoko Otake. Semi-automated Conversation Measuring System, Proceeding of The 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, pp. 293 - 304, 2010.

大武美保子.認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学―会話における思考の状態遷移モデルと会話相互作用量計測法の開発―. 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 5, pp. 662 - 669, 2010.

Mihoko Otake, Motoichiro Kato, Toshihisa Takagi and Hajime Asama. Coimagination method: supporting interactive conversation for activation of episodic memory, division of attention, planning function and its evaluation via conversation interactivity measuring method, Proceedings of the 2009 International Symposium on Early Detection and Rehabilitation Technology of Dementia, pp. 167 - 170, 2009.

Mihoko Otake, Coimagination method: sharing imagination with images and time limit, Proceedings of the International Reminiscence and Life Review Conference 2009, pp.97 - 103, 2009.

大武美保子.認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学―共想法により社会的交流の場を生成する会話支援サービス―. 人工知能学会論文誌, Vol. 24, No. 6, pp. 568 - 575, 2009.

Mihoko Otake, Motoichiro Kato, Toshihisa Takagi and Hajime Asama. Development of Coimagination Method towards Cognitive Enhancement via Image based Interactive Communication, Proceedings of the 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, pp. 835 - 840, 2009.

Hiroshi Matsuyama, Hajime Asama, Mihoko Otake, Design of differential Near-Infrared Spectroscopy based Brain Machine Interface, Proceedings of the 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, pp. 775 - 780, 2009.

大武美保子.認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学−マルチスケールサービス設計手法の開発−,人工知能学会論文誌,Vol. 24, No.2, pp. 295 - 302, 2009.

Mihoko Otake, Ryo Fukano, Shinji Sako, Masao Sugi, Kiyoshi Kotani, Junya Hayashi, Hiroshi Noguchi, Ryuichi Yoneda, Kenjiro Taura, Nobuyuki Otsu, and Tomomasa Sato, "Autonomous Collaborative Environment for Project Based Learning", Robotics and Autonomous Systems, Vol. 57, Issue 2, pp. 134-138, 2009.

Masataka Murabayashi, Yusuke Ikemoto, Mihoko Otake, Takaki Maeda, Motoichiro Kato, and Hajime Asama. Analysis of the Sense of Agency using a Tactile Device. In Proceedings of 17th CISM-IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics, and Control, pp. 35-42, 2008.

Mihoko Otake, Toshihisa Takagi, and Hajime Asama. Open Brain Simulator Estimating Internal State of Human through External Observation towards Human Biomechatronics. In Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 1089-1093, 2008.

Mihoko Otake. Science for Society is to be Done within the Society, The 21st International CODATA Conference Abstracts, pp. 96 - 97, 2008.

Mihoko Otake, Kohei Arai, Motoichiro Kato, Takaki Maeda, Yusuke Ikemoto, Kuniaki Kawabata, Toshihisa Takagi, and Hajime Asama. Experimental Analysis and Computational Simulation of the Attribution of Own Actions by the Multiple Forward Models, Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp. 1417 - 1421, 2007.

Kanako Nakajima, Soichiro Morishita, Tomoki Kazawa, Mihoko Otake, Ryohei Kanzaki, Hajime Asama and Taketoshi Mishima. Compensation of binarized CLSM images for extraction of the form of a single neuron in the silkworm moth brain, Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp. 1224 - 1229, 2007.

大武美保子, 高木利久, 淺間 一, "バイオメカトロニクスの技術基盤となるオープンブレインシミュレータの開発", 電気学会論文誌C, Vol. 127, No. 10, pp. 1705 - 1711, 2007.

Mihoko Otake, Kohei Arai, Motoichiro Kato, Takaki Maeda, Yusuke Ikemoto, Kuniaki Kawabata, Toshihisa Takagi, and Hajime Asama “Experimental Analysis of the Attribution of Own Actions to the Intention of Self or Others by the Multiple Forward Models”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 19, No. 4, pp. 482-488, 2007.

Mihoko Otake. Human Science Integration through the Cycle of Communication, Contents and Community, In Proceedings of the 20th CODATA International Conference, pp.16-17, 2006.

Mihoko Otake and Toshihisa Takagi. Multiscale Neural Simulation Platform for Sharing and Integrating Neuroscience Knowledge, In Proceedings of the 20th CODATA International Conference, pp. 137-138, 2006.

Mihoko Otake and Toshihisa Takagi. Efferent copy activation and comparator inhibition model describes under-attribution and over-attribution in schizophrenic subjects, Society for Neuroscience Abstract, 122.4, 2006.

Takayoshi Shiraki, Hideo Saito, Yoshikazu Kamoshida, Katsuhiko Ishiguro, Ryo Fukano, Tatsuya Shirai, Kenjiro Taura, Mihoko Otake, Tomomasa Sato and Nobuyuki Otsu. Real-Time Motion Recognition Using CHLAC Features and Cluster Computing, In Proceedings of the IFIP International Conference on Network and Parallel Computing (NPC 2006), pp. 43-49, 2006.

Yuuki Horita, Satoshi Ito, Kenji Kaneda, Takuya Nanri, Yasuyuki Shimohata, Kenjiro Taura, Mihoko Otake, Tomomasa Sato and Nobuyuki Otsu. High Precision Gait Recognition Using a Large-Scale PC Cluster, In Proceedings of the IFIP International Conference on Network and Parallel Computing (NPC 2006), pp. 50-56, 2006.

Mihoko Otake. Agent Model of Electroactive Polymers: How can we bring out intelligence from smart materials?. In Proceedings of the Third Conference on Artificial Muscles, 2006.

Mihoko Otake, Ryo Fukano, Shinji Sako, Masao Sugi, Kiyoshi Kotani, Junya Hayashi, Hiroshi Noguchi, Ryuichi Yoneda, Kenjiro Taura, Nobuyuki Otsu, and Tomomasa Sato, Autonomous Collaborative Environment for Project Based Learning, Intelligent Autonomous Systems 9 T. Arai et al. (Eds.) IOS Press, pp.756-763, 2006.

Mihoko Otake, From Muscle to Brain - Modelling and Control of Functional Materials and Living Systems, Intelligent Autonomous Systems 9 T. Arai et al. (Eds.) IOS Press, pp.1025-1032, 2006.

Mihoko Otake and Toshihisa Takagi. Reassembly and Interfacing Neural Models Registered on Biological Model Databases, Genome Informatics, vol. 16, no. 2, pp.76-85, 2005.

Mihoko Otake and Yoshihiko Nakamura. Spinal Information Processing and its Application to Motor Learning Support, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 17, No. 6, pp. 617-627, 2005.

Mihoko Otake and Yoshihiko Nakamura. Anatomical Model of the Spinal Nervous System and its Application to the Coordination Analysis for Motor Learning Support System, In Proceedings of the IEEE International Conference on Robotic Systems, pp. 847 - 852, 2005.

Mihoko Otake, Yoshihiko Nakamura, and Hirochika Inoue. Pattern Formation Theory for Electroactive Polymer Gel Robots. In Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 2782-2787, 2004.

Mihoko Otake, Yoshihiko Nakamura, and Hirochika Inoue. Wave-shape Pattern Generation of Electroactive Polymer Gel in Controlled Electric Fields. In Proceedings of the Second Conference on Artificial Muscles, 2004.

Mihoko Otake, Yoshihiko Nakamura, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Wave-shape Pattern Control of Electroactive Polymer Gel Robots. In Proceedings of the 9th International Symposium on Experimental Robotics, ID178, 2004.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Yasuo Kuniyoshi, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Inverse Dynamics of Gel Robots made of Electroactive Polymer Gel. In Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.2299-2304, 2003.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Motion design of a starfish-shaped gel robot made of electro-active polymer gel. Robotics and Autonomous Systems, vol. 40, pp. 185-191, 2002.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Yasuo Kuniyoshi, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Inverse Kinematics of Gel Robots made of Electro-Active Polymer Gel. In Proceedings of the 2002 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.3224-3229, 2002.

Takashi Kiriyama, Mihoko Otake, Hiroya Tanaka, Junichi Tokuda, Haruka Tanji, Takeshi Matsushita, Masatoshi Arikawa, and Ryosuke Shibasaki. Exploring Exhibit Space in a Personal Perspective: An Interactive Photo Collage of a Folk Crafts Museum. In Proceedings of ACM SIGCHI Designing Interactive Systems, pp. 393-398, 2002.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Dynamics of Gel Robots made of Electro-Active Polymer Gel. In Proceedings of the 2001 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1458-1462, 2001.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Kohei Ishikawa, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Shape Design of Gel Robots made of Electroactive Polymer Gel. In Proceedings of SPIE Vol.4234 Smart Materials A. R. Wilson et al. (eds.), pp.194-202, 2001.
Mihoko Otake, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Kinematics of Gel Robots made of Electro-Active Polymer PAMPS Gel. In Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.488-493, 2000.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Behavior of a Mollusk-Type Robot Made of Electro-Active Polymer Gel under Spatially Varying Electric Fields. Intelligent Autonomous Systems 6 E. Pagello et al. (Eds.), pp.686-691, 2000.

Mihoko Otake, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Development of Electric Environment to control Mollusk-Shaped Gel Robots made of Electro-Active Polymer PAMPS Gel. In Proceedings of SPIE Vol.3987 Electroactive Polymer Actuators and Devices (EAPAD) Y. Bar-Cohen (ed.), pp.321-330, 2000.

Mihoko Otake, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Development of Gel Robots made of Electro-Active Polymer PAMPS Gel. In Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems Man and Cybernetics, pp. II 788-793, 1999.
分担執筆

Mihoko Otake, Myagmarbayar Nergui, Seong-eun Moon, Kentaro Takagi, Tsutomu Kamashima, and Kazuhiro Nakadai, “Development of a Sound Source Localization System for Assisting Group Conversation”, J. Lee et al. (Eds.): ICIRA 2013, Part I, Lecture Notes in Artificial Intelligence, Springer-Verlag, Volume 8102, pp. 532-539, 2013.

Mihoko Otake, Motoichiro Kato, Toshihisa Takagi, Shuichi Iwata, Hajime Asama, and Jun Ota. “Multiscale Service Design Method and its Application to Sustainable Service for Prevention and Recovery from Dementia”, Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Volume 6797, pp. 321-330, 2011.

大武美保子.「共想法」とはどのようなものですか,Q&Aでわかる回想法ハンドブック―「よい聴き手」であり続けるために,野村 豊子,語りと回想研究会,回想法ライフレヴュー研究会 編,中央法規出版, pp. 94 - 95, 2011.

Mihoko Otake, Motoichiro Kato, Toshihisa Takagi and Hajime Asama. The Coimagination Method and its Evaluation via the Conversation Interactivity Measuring Method, Early Detection and Rehabilitation Technologies for Dementia: Neuroscience and Biomedical Applications, Jinglong Wu (Ed.), IGI Global, pp. 356 - 364, 2011.

大武美保子.高分子ゲルアクチュエータの電場による制御,未来を動かすソフトアクチュエータ―高分子・生体材料を中心とした研究開発―,長田義仁,田口隆久 監修.シーエムシー出版,第3編第21章, pp. 210 - 222, 2010.

加藤元一郎,大武美保子.第5章 他者理解−他者の意図と自己の行為を理解する,シリーズ 移動知 第4巻 社会適応−発現機構と機能障害─, 太田 順,青沼仁志 編著. オーム社, pp.161 - 212, 2010.

Mihoko Otake, Motoichiro Kato, Toshihisa Takagi and Hajime Asama. Coimagination Method: Communication Support System with Collected Images and its Evaluation via Memory Task, Universal Access in Human-Computer Interaction Constantine Stephanidis (Ed.), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Volume 5614, pp.403-411, 2009.

大武美保子. TRIZを使った設計の検討例, TRIZ入門―思考の法則性を使ったモノづくりの考え方 実際の設計選書, ビクター・R. フェイ, 畑村 洋太郎, ユージン・I. リビン, 実際の設計研究会. 日刊工業新聞社, pp.157-174, 1997.
解説論文・総合報告

Mihoko Otake. Robotics for Health and Well-being. IEEE Robotics & Automation Magazine vol. 21, no. 1, pp. 88 - 91, 2014.

大武美保子,桑原教彰.Cognitive Training and Assistive Technology for Aging.人工知能学会誌, vol. 28, no. 6, pp.954, 2013.

大武美保子.認知症から見る人間の知能と人工知能による支援,人工知能学会誌,Vol. 28, No.5, pp.726 - 733, 2013.

大武美保子.柔らかい機械と機会を創る,日本機械学会誌,Vol. 115, No.1122,pp.327-330, 2012.

大武美保子.相手から見える世界をともに想い描く,介護に役立つほのぼの会話のすすめ最終回,おはよう21,Vol.22, No.9, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.見る・聞く・話すを助ける環境を整える,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第十一回,おはよう21,Vol.22, No.8, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.閉じこもりを防ぎ認知症を遅らせる,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第十回,おはよう21,Vol.22, No.7, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.会話特性に応じた聞き方を見つける,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第九回,おはよう21,Vol.22, No.6, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.身の回りにある面白い話を見つける,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第八回,おはよう21,Vol.22, No.5, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.聞かれれば出てくる言葉の量を測る,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第七回,おはよう21,Vol.22, No.4, pp. 60 - 63, 2011.

大武美保子.会話への参加と盛り上がりを測る,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第六回,おはよう21,Vol.22, No.3, pp. 62 - 65, 2011.

大武美保子.写真を用いた会話を記憶し記録する,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第五回,おはよう21,Vol.22, No.2, pp. 62 - 65, 2011.

大武美保子.会話の中に居場所と出番を作る,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第四回,おはよう21,Vol.22, No.1, pp. 62 - 65, 2011.

大武美保子.アプローチの方法2:コミュニケーション障害に対する方法「共想法」,認知症への多角的アプローチ,地域リハビリテーション,Vol.5, No.12, pp. 1049 - 1052, 2010.

大武美保子.相手が見たものを一緒に見る,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第三回,おはよう21,Vol.21, No.13, pp. 60 - 63, 2010.

大武美保子.聞くことと話すことのバランス,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第二回,おはよう21,Vol.21, No.12, pp. 60 - 63, 2010.

大武美保子.テーマを決めて会話のツボを探す,介護に役立つほのぼの会話のすすめ第一回,おはよう21,Vol.21, No.11, pp. 60 - 63, 2010.

大武美保子.認知症の予防を目的とする共想法の開発と高齢期における感性の実用的意義,感性工学,Vol.9, No.3, pp. 160 - 166, 2010.

大武美保子.新しい認知症予防法「共想法」,ぐるケア,Vol.16, pp. 22 - 31, 2009.

大武美保子,加藤元一郎.年をとると時間の経つのが速く感じられるのは何故か(老人の時間認知について)?,Clinical Neuroscience,Vol. 27, No.5, pp. 587, 2009.

大武美保子.軟体動物型ゲルロボットをつくる−電場応答性高分子ゲルを用いた柔軟ロボットの設計,未来材料,Vol.8, No.12, pp. 2-5, 2008.

加藤元一郎,大武美保子,新井航平,前田貴記,池本有助,川端邦明,高木利久,淺間一.他者の視線・意図理解および行為における意志作用感の神経機構に関する検討ー社会的認知が可能なロボットの設計をめざして,計測と制御,Vol.46, No.12, pp. 940 - 944, 2007.

芳村圭,大武美保子.ICSU75周年行事「Global Scientific Challenges: Perspectives from Young Scientists」参加報告,水文・水資源学会誌,Vol. 20, No. 6, pp. 542-544, 2007.

大武美保子, 佐藤知正, 武市正人. 神経系の双方向マルチスケールシミュレーションと100時間ワークショップ - 東京大学21世紀COEプログラム「情報科学技術戦略コア」- ,日本ロボット学会誌, vol. 25, no. 3, pp.330-333, 2007.

大武美保子,何を創るか? 創ると何がおこるか?−日米先端工学シンポジウムより−.科学, 岩波書店, Vol.77, No.2, 2007.

Mihoko Otake, Keiko Homma. Women in Robotics for Communication and Outreach. IEEE Robotics & Automation Magazine vol. 13, no. 3, pp. 15, 2006.

大武美保子,本間敬子,横井浩史,淺間一,新井民夫.Women in Robotics towards Human Science, Technology and Society at IAS-9.日本ロボット学会誌, vol. 24, no. 5, pp. 564-569, 2006.

大武美保子.スマートゲル.日本ロボット学会誌, vol. 24, no. 4, pp. 460-465, 2006.

大武美保子.神経系の双方向シミュレーション―人の動きを体の内側から読む―.電子情報通信学会誌, vol. 88, no. 11, pp.909-913, 2005.

大武美保子.ゲルアクチュエータ.日本ロボット学会誌, vol. 21, no. 7, pp. 713 - 716, 2003.

Mihoko Otake. Modeling, Design and Control of Electroactive Polymer Gel Robots. WW-EAP Newsletter, vol. 5, no.1, pp. 6-7, 2003.

Mihoko Otake, Yoshiharu Kagami, Yasuo Kuniyoshi, Masayuki Inaba, and Hirochika Inoue. Starfish-shaped Gel Robots made of EAP. WW-EAP Newsletter, vol. 4, no.2, pp. 7-8, 2002.

大武美保子. 七年目を迎える日本民藝館ホームページ, 民藝, vol.582, pp.28-32, 2001.

大武美保子. 作り手用い手様々な出会い, 民藝, vol.551, pp.16-18, 1998.

大武美保子. 日本民藝館WWWページミュージアム奨励賞受賞, 民藝, vol.525, pp.68-69, 1996.

大武美保子. 日本民藝館インターネットで情報発信, 民藝, vol.520, pp.62-64, 1996.
国内発表

山口健太,大武美保子.高齢者によるグループ会話の重なり時間とバランスの分析,第31回日本ロボット学会学術講演会講演論文集,RSJ2013AC2H1-01, 2013.

永井大幹,山口健太,小寺達也,大武美保子.笑うロボットの開発,第31回日本ロボット学会学術講演会講演論文集,RSJ2013AC2H1-02, 2013.

増田遼佑,田中浩司,大武美保子.グループ会話促進ロボットの開発を目的とする健康長寿高齢者の発話分類,第31回日本ロボット学会学術講演会講演論文集,RSJ2013AC2H1-03, 2013.

林百會,永松剛太,Nergui Myagmarbayar,和氣美紀夫,大武美保子.呼吸センサと笑顔度を用いた笑いの自動検出,第31回日本ロボット学会学術講演会講演論文集,RSJ2013AC2H1-05, 2013.

Mihoko Otake and Kenta Yamaguchi. Analysis of Overlap during Group Conversation of Active Older Adults, Proceeding of the 27th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 3C1-IOS-1b-5, 2013.

Mike Martin and Mihoko Otake. The Functional Quality of Life (fQOL)-Model and its Application to the Coimagination Method, Proceeding of the 27th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2C5-IOS-1a-1, 2013.

山口健太,佐藤仁,鈴木利明,大武美保子.人間のグループ会話データを利活用する会話支援ロボットの開発,第25回日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'13(ROBOMEC2013)講演論文集,2P1-P25, 2013.

文聖恩,高木健太郎,釜島力,中臺一博,大武美保子.グループ会話支援のためのワイヤレスマイクロホンアレイ「くらげクン 2 号」の開発,第25回日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'13(ROBOMEC2013)講演論文集,2P1-P24, 2013.

大武美保子,小柳洋子,土井悠希江,辻畑光宏,田崎誉代,野口宗昭,安部晨,永田映子.複数の施設で利用可能な共想法支援システム「ほのぼのパネル」の開発,2012年度人工知能学会全国大会論文集,2A1-NFC-6-13, 2012.

佐藤由紀子,田口良江,武下秀子,蓼沼芳保,根岸勝寿,黒田征二,鬼武眞人,明神愛輝,塚脇章生,前川晃子,長谷川多度,大武美保子.認知症予防支援サ−ビス「ふれあい共想法」における人材育成課程の開発,2012年度人工知能学会全国大会論文集,2A1-NFC-6-1, 2012.

林伸彦,太田順,大武美保子.認知活動支援を目的とする共想法グループ会話における参加者と司会者の特徴量抽出,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.13, No. 8, SIG-NOI-06, pp.23 – 26, 2011.

野村惇哉,太田順,大武美保子.三者会話における役割変化の個人差と発話時間に基づくフィードバックが与える影響,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.13, No. 8, SIG-NOI-06, pp.19 – 22, 2011.

大武美保子.写真と会話で“想”いを“共”有する共想法,日本認知症ケア学会誌,Vol.10-2, pp. 220-221, 2011.

大武 美保子, 荻原 陽介, 豊田 涼, 阿部 健祐, 太田 順.言語化された身体技能の伝達に関する研究:投球動作スキル伝達による球速変化の解析,第10回身体知研究会予稿集,SKL-10-02,2011.

山口太一,太田順,大武美保子.グループ会話において高齢者が均等に発言するように司会する会話支援ロボットの開発と評価,第29回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 1F2-7, 2011.

大武美保子,山口太一,太田順.想いを引き出す会話支援ロボット,第13回日本感性工学会大会論文集,2011.

大武美保子,大谷昂,小泉智史,吉川雅博,松本吉央,三宅なほみ.高齢者が遠隔操作するロボットを用いた司会による共想法形式のグループ会話支援,2011年度人工知能学会全国大会論文集, 1A2-NFC1b-11, 2011.

塚脇 章生,蓼沼 芳保,佐藤 由紀子,根岸 勝寿,田口 良江,前川 晃子,永井 澄子,武下 秀子,黒田 征二,明神 愛輝,鬼武 眞人,長谷川 多度,大武 美保子.認知症予防回復支援サービス「ふれあい共想法」の介護福祉施設における実施手法の開発,2011年度人工知能学会全国大会論文集, 1A1-NFC1a-1, 2011.

荻原正紀,野口博史,下坂正倫,大武美保子,坪内孝太,大和裕幸,森武俊,佐藤知正.地域における複数人の生活行動解析のためのセンサデータ群検索・可視化システム,第23回日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'11(ROBOMEC2011)講演論文集,2A1-C08(1)-(4), 2011.

大武美保子,坪内孝太,野口博史,下坂正倫,森武俊,大和裕幸,佐藤知正.移動と会話の支援による生活行動と認知活動変化の解析―柏実証実験の設計と実施−,第28回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, RSJ2010AC2H1-6, 2010.

山口太一,太田順,大武美保子.会話支援ロボットにおける会話量計測評価手法の開発,第28回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, RSJ2010AC3C2-4, 2010.

大武美保子,加藤元一郎,高木利久,太田順.認知症予防を目的とする共想法と実践を通じた人の情緒を豊かにする感性情報の集積,第12回日本感性工学会大会論文集,1D2-2, 2010.

大武美保子,加藤元一郎,高木 利久,淺間一,太田順.回想法から見た共想法の考察と連携の可能性,2010年度人工知能学会全国大会論文集, 1H2-NFC3b-14, 2010.

前川晃子,豊嶋尉史,永井澄子,蓼沼芳保,佐藤由紀子,根岸勝寿,塚脇章生,田口良江,長井瑛,鵜目美智子,牧尚輝,鶴岡恭子,鶴岡実,長谷川多度,大武美保子.認知症予防支援サービス「ふれあい共想法」における持続可能なサービス提供手法の開発,2010年度人工知能学会全国大会論文集, 1H1-NFC3a-1, 2010.

大武美保子,加藤元一郎,高木 利久,淺間一,太田順.持続可能な会話支援サービスの提供を目的とする一分共想法の開発,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.12, No.2,pp. 45 - 46, 2010.

大武美保子.電気活性高分子ゲルのモデリングとシミュレーション,高分子学会高分子基礎物性研究会,Vol.12, No.2,pp. 45 - 46, 2010.

大武美保子,加藤元一郎,淺間一.共想法における高齢者と若者の会話特性の比較−会話双方向性計測法を用いて―, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 491 - 494, 2009.

阿部 彩歌,淺間 一,大武美保子.運動計測装置を用いた経験者と初心者の運動特徴量の差異の抽出, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 489 - 490, 2009.

大武美保子,加藤元一郎,高木 利久,淺間一.人の情緒を豊かにするシステムの創成−共想法における事例研究―,第二回システム創成学学術講演会論文集,pp. 23 - 27,2009.

大武美保子.ヒト神経系シミュレーションと認知活動支援サービスへの展開,日本コンピュータ化学会2009秋季年会講演予稿集,pp. 4 - 5, 2009.

井上洋太,淺間 一,大武美保子.運動計測装置と接続可能な神経活動解析システムの開発,日本コンピュータ化学会2009秋季年会講演予稿集,pp. 94 - 95, 2009.

大武美保子,中居雅明,淺間 一.複数の運動特徴を提示可能な運動学習システムの開発,第27回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 2F1-06, 2009.

稲邑哲也,柴田智広,瀬名秀明,橋本敬,川合伸幸,宮下敬宏,櫻井圭記,清水正宏,大武美保子,細田耕,梅田聡,乾健太郎. SIGVerse: 社会的インタラクションを実装可能な知能ロボットシミュレータ, 第27回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 3S2-05, 2009.

村林正堂, 淺間 一, 大武美保子. 運動司令と感覚入力の時間的な因果関係がSense of Agency に与える影響, 第19回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 458 - 461, 2009.

大武美保子,加藤元一郎,岩田 修一,高木 利久,淺間一.共想法による認知症予防の知識創造支援, 2009年度人工知能学会全国大会論文集, 2F1-NFC4-1, 2009.

蓼沼芳保,鵜目勲勇,鳰原 吉也,長井 瑛,佐藤由紀子,中村一廣,鵜目美智子,坂西美知子,豊嶋 尉史,田口良江,鶴岡 実,鶴岡 恭子,根岸 勝寿,長谷川多度,大武美保子. 認知症予防支援サービス「ふれあい共想法」における社会的知性に基づく人材の養成, 2009年度人工知能学会全国大会論文集, 2F1-NFC4-2, 2009.

人見秀,鈴木千晶,加藤元一郎,淺間一,大武美保子. 認知症予防を目的とする共想法における会話双方向性計測法の開発, 2009年度人工知能学会全国大会論文集, 2F1-NFC4-9, 2009.

稲邑 哲也,柴田 智広,瀬名 秀明,橋本 敬,川合 伸幸,宮下 敬宏,櫻井 圭記,清水 正宏,大武 美保子,細田 耕,梅田 聡,乾 健太郎. SIGVerse:身体的認知・運動を伴う社会エージェントのためのシミュレータープラットフォーム, 2009年度人工知能学会全国大会論文集, 2I2-1, 2009.

稲邑哲也,柴田智広,瀬名秀明,橋本敬,川合伸幸,宮下敬宏,櫻井圭記,清水正宏,大武美保子,細田耕,梅田聡,乾健太郎.社会的インタラクションを実装可能なシミュレータープラットフォーム 〜SIGVerse: 社会的知能発生シミュレータ〜日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会予稿集,2A2-C22, 2009.

大武美保子,中本周平,加藤元一郎,高木利久,淺間 一.行為の自他帰属判断と時間遅れ検出における履歴効果,第48回日本生体医工学会大会論文集,OS-5-1,2009.

大武美保子,加藤元一郎,淺間一.認知症予防回復を支援する共想法の開発と健康長寿知識の生成と共有,第6回知識創造支援システムシンポジウム講演論文集,pp. 23-28, 2009.

大武美保子.ほのぼの研究所の開設−高齢社会のサービスイノベーション,第一回システム創成学学術講演会論文集,pp.33-36,2008.

大武美保子.ヒトの脳と心が作るサービスと社会,第一回システム創成学学術講演会論文集,pp.52,2008.

村林正堂, 池本有助, 大武美保子, 前田貴記, 加藤元一郎, 淺間 一. 行動開始時点での表面筋電位の立ち上がりがSense of Agencyに与える影響, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1A1-1, 2008.

大武美保子,中本周平,加藤元一郎,淺間一.共想法における記憶課題による会話のテーマの評価, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 525 - 526, 2008.

中居雅明, 淺間 一, 大武美保子. 運動の特徴を提示可能なトレーニングシステムの開発, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 519 - 520, 2008.

大武美保子,中本周平,加藤元一郎,淺間一.行為の自他帰属特性と時間遅れ検出特性の実験的検討, 第23回生体・生理工学シンポジウム論文集, pp. 93 - 94, 2008.

松山啓士, 淺間 一, 大武美保子. 脳血流測定によるメンタルタスクの識別とブレインマシンインタフェースへの応用, 第23回生体・生理工学シンポジウム論文集, pp. 83 - 84, 2008.

大武美保子.機能性高分子ゲルのモデリングとシミュレーション, ゲルワークショップイン大阪講演要旨集, pp. 15 - 18, 2008.

大武美保子.民産官学連携研究拠点ほのぼの研究所の開設と共想法における記憶課題の解析 - 認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学, 2008年度人工知能学会全国大会論文集, 2E5-4, 2008.

長谷川多度,谷川弘,中村一廣,鵜目勲勇,蓼沼芳保,佐藤由紀子,鵜目美智子,坂西美知子,井上陽,大武美保子. 認知症予防支援サ−ビス「ふれあい共想法」における市民参加型実施手法の開発, 2008年度人工知能学会全国大会論文集, 5I5-1, 2008.

中本周平,加藤元一郎,淺間一,大武美保子. 加齢が視線の認知に与える影響, 2008年度人工知能学会全国大会論文集, 5I5-9, 2008.

大武美保子,高木利久,淺間一. オープンブレインシミュレータの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集, 2P2-I19, 2008.

村林正堂, 池本有助, 大武美保子, 前田貴記, 加藤元一郎, 淺間 一. 触感覚有無が自他帰属性に与える影響に関する研究, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集, 2P2-I23, 2008.

大武美保子, 田浦 健次朗. 実世界情報並列計算基盤の開発, 第70回情報処理学会全国大会講演論文集(5),pp.117 - 118, 2008.

Mihoko Otake. Experimental Analysis and Computational Simulation of the Attribution of Own Actions by the Multiple Forward Models, 第3回日本統合失調症学会論文集, pp. 47, 2008.

中本周平, 加藤元一郎, 淺間 一, 大武美保子. 他者の視線認知が注意の場の指示線上分布に与える影響,電子情報通信学会技術報告,Vol. 107, No.542, pp. 109 - 114, 2008.

江本伸悟, 淺間 一, 大武美保子. 逐次学習可能な多層カオスニューラルネットワークを用いた長期記憶形成, 電子情報通信学会技術報告, Vol. 107, No.542, pp. 7 - 12, 2008.

大武美保子, 豊嶋伸基, 三島健稔, 淺間 一. 認知症予防を目的とする共想法における会話活性度の解析と評価, 福祉工学シンポジウム2007論文集, pp. 76 - 79, 2007.

豊嶋伸基, 三島健稔, 淺間 一, 大武美保子. エピソード記憶に基づく共想法コミュニケーションの比較評価, 第25回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 1K31, 2007.

原正之, 槇田諭, 滝康嘉, 瀬戸文美, 清水正宏, 菅原雄介, 大武美保子. ロボット技術に対する中高生の意識調査, 第25回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 2O15, 2007.

大武美保子, 豊嶋伸基, 三島健稔, 淺間 一. エピソード記憶に基づくコミュニケーションのための共想法支援システムの開発と認知症予防への応用, 日本認知科学会第24回大会発表論文集, pp. 526 - 529, 2007.

中島佳奈子, 森下壮一郎, 加沢知毅, 大武美保子, 神崎亮平, 淺間 一, 三島健稔. カイコガの単一神経細胞の三次元形状抽出, 日本知能情報ファジイ学会 第17回インテリジェント・システム・シンポジウム(FANシンポジウム) 講演論文集, pp. 183-188, 2007.

中島佳奈子, 森下壮一郎, 加沢知毅, 大武美保子, 神崎亮平, 淺間 一, 三島健稔. カイコガの単一神経細胞の三次元形状抽出, 第13回創発システム・シンポジウム "創発夏の学校" 相互作用を考える 講演資料集, pp. 123-126, 2007.

大武美保子. 認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学, 2007年度人工知能学会全国大会論文集, 1H2-1, 2007.

大武美保子, 豊嶋伸基, 三島健稔, 淺間 一. 認知症を予防する共想法の提案と介護予防施設における実施, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集, 2A1-A11, 2007.

豊嶋伸基, 三島健稔, 淺間 一, 大武美保子. 共想法支援システムの開発と高齢者による評価, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集, 2A1-A12, 2007.

大武美保子, 瀬戸文美, 本間敬子. Women in Robotics: 共同参画社会のロボティクス, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集, 2A2-I07, 2007.

大武美保子, 新井航平, 前田貴記, 加藤元一郎, 高木利久, 淺間 一: "統合失調症における意志作用感のモデリングとシミュレーション",電子情報通信学会技術報告,Vol.106, No.590, pp.41 - 44, 2007.

新井航平, 大武美保子, 川端邦明, 池本有助, 前田貴記, 加藤元一郎, 淺間 一: "行為の自他帰属性の解明へのフォワードモデルからのアプローチ", 第19回自律分散システム・シンポジウム資料, pp. 5-8, 2007.

大武美保子,前田貴記,加藤元一郎,淺間一,高木利久.統合失調症の認知シミュレーション, 第16回インテリジェント・システム・シンポジウム, 2C2-2, 2006.

大武美保子,前田貴記,加藤元一郎,淺間一,高木利久.統合失調症の認知神経モデリング, 第24回日本ロボット学会学術講演会学術講演会予稿集, 1K31, 2006.

Mihoko Otake, Toshihisa Takagi. Human Science Integration Seminar: Sharing and Transmission of Biological Knowledge through Successive Seminar,情報処理学会研究報告2006-BIO-5, Vol.2006, No.64, pp.1-7, 2006.

大武美保子,金田憲二,鴨志田良和,深野亮,白木孝義,伊藤聡,石黒勝彦,白井達也,斎藤秀雄,堀田勇樹,南里卓也,下畠康幸,吉本晴洋,酒向慎二,杉正夫,小谷潔,米田隆一,林淳哉,野口博史,田浦健次朗,大津展之,佐藤知正.100時間ワークショップによる融合教育研究プラットフォームの開発,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'06講演論文集, 2A1-B34, 2006.

鴨志田良和,田浦健次朗,白井達也,斎藤秀雄,白木孝義,石黒勝彦,深野亮,大武美保子,佐藤知正,大津展之.冗長性を用いた低遅延並列実時間動作認識システム,先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2006),2006.

大武 美保子.高木利久. データベースに登録された神経細胞モデルの網羅的解析−神経科学知識の統合化と応用に向けて,電気学会医用・生体工学研究会資料, pp.109-114, 2006.

白井達也,斎藤秀雄,吉本晴洋,鴨志田良和,白木孝義,石黒勝彦,深野亮,大武美保子,佐藤知正,田浦健次朗,大津展之.CHLAC特徴とグリッドコンピューティングを併用した実時間動作認識,情報処理学会インタラクション2006論文集, pp.97 - 98, 2006.

伊藤 聡,堀田勇樹,金田憲二,南里卓也,下畠康幸,田浦健次朗,大武美保子,佐藤知正,大津展之. 大規模クラスタを用いた高精度なGait認識,電子情報通信学会技術報告,Vol.105, No.615, pp.91 - 96, 2006.

白木孝義,石黒勝彦,深野亮,鴨志田良和,白井達也,斉藤秀雄,田浦健次朗,大武美保子,佐藤知正,大津展之. CHLAC特徴とGridコンピューティングを併用したリアルタイム動作認識,電子情報通信学会技術報告,Vol.105, No.615, pp.97 - 102, 2006.

大武 美保子.高木利久. 神経細胞データベースモデルのインタフェース同定と再構成,情報処理学会研究報告2005-BIO-3, Vol.2005, No.128, pp.35 - 42, 2005.

大武 美保子,高木利久. ModelDBに登録された神経細胞モデルの統合化,第27回日本分子生物学会年会講演要旨集, pp.327, 2005.

大武 美保子,高木利久. モデルデータベースに登録された生物学的神経細胞モデルの並列計算,第20回生体・生理工学シンポジウム論文集, pp. 63 - 64, 2005.

大武 美保子,中村仁彦. 運動学習支援のための脊髄神経情報処理手法,第11回日本IFToMM会議シンポジウム前刷集, pp.15 - 22, 2005.

大武美保子,中村仁彦. 運動計測に基づく神経情報検出のための脊髄神経系シミュレータの開発, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'05講演論文集, 1P2-N-129, 2005.

大武美保子,中村仁彦. 運動学習支援を目的とした体性神経情報の脊髄節内−脊髄節間協調解析, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'05講演論文集, 1P1-N-097, 2005.

内原匡信,大武美保子,中村仁彦. 神経筋システムにおいて感覚運動ニューロンが構成する運動調節機構のモデリング, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'05講演論文集, 1P1-N-096, 2005.

大武美保子,中村仁彦. 全身協調動作における脊髄神経情報の時間変動計算, 日本神経回路学会第14回全国大会講演論文集, pp.200-201, 2004.

大武美保子,中村仁彦. 全身運動時体性神経情報の次元計算に基づく協調度の評価, 第19回生体・生理工学シンポジウム論文集, pp.49-50, 2004.

大武美保子,中村仁彦. 脊髄神経系筋支配に基づく体性感覚情報の類似度と位相差の計算, 第22回日本ロボット学会学術講演会, 2C18, 2004.

大武美保子,中村仁彦. 体性感覚情報処理のための脊髄神経系筋支配モデル, 第10回日本IFToMM会議シンポジウム前刷集, pp.5-10, 2004.

大武美保子,中村仁彦. 神経解剖学に基づく人間の体性神経系の筋支配モデル,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'04講演論文集, 2P2-H-48 , 2004.

藤田悠介,山根克,大武美保子,中村仁彦: 筋骨格モデルに基づく人間の体性感覚情報の高速計算, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'04講演論文集, 1P1-H-46, 2004.

大武美保子, 中村仁彦, 井上博允. 界面活性剤駆動型イオン性高分子ゲルの一様定常電場中における自発的波形状パタン形成現象の解析. 第15回高分子学会高分子ゲル研究討論会講演要旨集, P20, 2004.

大武美保子, 山根克, 中村仁彦.袈裟斬り動作の体性感覚に基づく主観評価と運動計測に基づく客観評価. 第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2J26, 2003.

大武美保子, 中村仁彦. 電場応答性高分子ゲルロボットの力学シミュレーション, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集, pp.1108-1109, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸,井上博允. ゲルロボットの研究:一様電場中における電場応答性高分子ゲルの波状パタン形成.日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'03講演論文集, 2P1-3F-F4, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允.ゲルロボットの研究:入力周波数変調法による電場応答性高分子ゲルの多極形状生成.日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'03講演論文集, 2P1-3F-F5, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允.ゲルロボットの研究:空間分布電場平行移動法による電場応答性高分子ゲルの反転運動生成.日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'03講演論文集, 2P1-3F-F6, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允.ゲルロボットの研究:空間分布電場平行移動法による電場応答性高分子ゲルの巻きつき運動生成.日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'03講演論文集, 2P1-3F-F7, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允. 電場応答性高分子のロボティックモデリング. 第14回高分子学会高分子ゲル研究討論会講演要旨集, pp.59‐60, 2003.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允. 電場応答性高分子ゲルマニピュレータの先端位置制御. 第20回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2M12, 2002.

大武美保子, 鏡 好晴, 國吉康夫, 稲葉雅幸, 井上博允. ヒトデ型ゲルロボットの裏返り運動. 第13回高分子学会高分子ゲル研究討論会講演要旨集, pp. 55 - 56, 2002.

大武美保子, 鏡 好晴, 稲葉雅幸, 井上博允. 無脊椎動物状ゲルロボットの能動−受動変形モデリング. 第19回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.623-624, 2001.

大武美保子, 鏡 好晴, 稲葉雅幸, 井上博允. ヒトデ型ゲルロボットの全身変形運動. 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1435-1436, 2000.

大武美保子, 石川耕平, 鏡 好晴, 稲葉雅幸, 井上博允. 軟体動物状ゲルロボットの厚さ分布形状設計.第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.1437-1438, 2000.

大武美保子,稲葉雅幸,井上博允.アクチュエータ機能を持つ電場応答性高分子ゲルの多リンク機構モデリング.日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'00講演論文集, pp.2P1-47-082, 2000.

大武美保子,石川耕平, 稲葉雅幸,井上博允.電場応答性高分子ゲルを用いたロボットのしゃくとり虫運動. 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'00講演論文集, pp.2P2-61-092,2000.

大武美保子, 石川耕平, 稲葉雅幸, 井上博允. 電場応答性高分子ゲルPAMPSを用いたゲルロボットの開発. 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.583-584, 1999.

中井博之, 大武美保子, 稲葉雅幸, 井上博允. イオン導電性高分子を用いた水中ロボットシステムの構築. 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集,pp.959‐960, 1999.

大武美保子, 中井博之, 稲葉雅幸, 井上博允. 電場応答性高分子ゲルPAMPSを用いたゲルロボットの設計. 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会’99, 講演論文集, pp.2P2-62-071, 1999.

大武美保子, 稲葉雅幸, 井上博允. もぐら規範型メカトロニック感覚行動体プロトタイプの開発, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'98講演論文集, 1CI1-1, 1998.

大武美保子, 稲葉雅幸, 井上博允. 目を持つ三次元空間移動ロボットを目指した学生実験での自主プロジェクト開発. 第15回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp.631 – 632, 1997.
特許・商標

商標番号:登録第5407810号
商標権者:大武 美保子,NPO法人ほのぼの研究所
商標:共想法

商標番号:登録第5407811号
商標権者:大武 美保子,NPO法人ほのぼの研究所
商標:ほのぼの研究所

特許番号:特許4054879
発明者:大武 美保子,中村 仁彦
発明の名称:運動学習支援装置及び方法、運動学習支援プログラム
及び該プログラムを記録した記録媒体

特許番号:特許4016112
発明者:大武 美保子,中村 仁彦
発明の名称:運動情報―神経情報変換装置及び方法、運動情報―神経情報変換プログラム
及び該プログラムを記録した記録媒体
招待講演、講義・セミナー・研究会発表

100歳の美しい脳 に学ぶ,ほのぼの研究所クリスマス講演会 ことばの力で老化に強い脳をつくる,千葉大学柏の葉キャンパス,千葉(2013.12.17)

Survey on Idea Density,Christmas Workshop on Assessing Complexity of Japanese Language, Chiba University, Chiba(2013.12.15)

Cognitive Activity Support via Conversation with Time Keeping, Visual Aids and Robots,Christmas Seminar on Language, Aging, Cognitive Decline and Dementia, Chiba University, Chiba(2013.12.14)

会話で拓く健康長寿社会, 第3回「知の創生と情報社会」シンポジウム 」シンポジウム〜しみわたる情報技術・にじみ出す知 ― いま、収穫の時!〜,科学技術振興機構,東京本部,東京(2013.12.13)

Robotics for Health and Well-being, Women Luncheon, International Conference on Robotic Systems 2013, Tokyo Big Site, Tokyo(2013.11.4)

健康長寿高齢者の会話に学ぶ認知活動支援,第3回高齢社会を考えるシンポジウム ”あかる未来”語ることからはじめよう,千葉大学,千葉(2013.11.2)

認知症予防にほのぼの会話〜ほのぼのロボットのぼのちゃんと話そう,千葉大学公開講座,千葉市生涯学習センター,千葉(2013.11.1)

双方向の会話をする生活習慣が認知機能低下を防ぐか?,第3回さきがけ研究者交流会,科学技術振興機構,JST東京本部,東京(2013.10.23)

健康長寿高齢者の会話に学ぶ認知活動支援,情報学による未来社会のデザイン〜健全でスマートな社会システムに向けて〜 第二回 情報学が拓く ヘルス&ウェルネス,科学技術振興機構,一橋大学 一橋講堂,東京(2013.10.15)

会話で学び 会話に学ぶ,未来発見フォーラム2013,河合塾,東京国際フォーラム,東京(2013.10.13)

高齢者の認知機能向上と認知症予防への人工知能によるアプローチ,千葉大学大学院医学研究院,代謝研究室ラボセミナー,千葉大学,千葉(2013.7.5)

共想法による認知症予防の実践研究を通じた地域福祉への貢献,千葉大学工学部・工学研究科FD研修会,千葉大学,千葉(2013.6.13)

高齢者と共につくる認知機能と生活の質向上のための技術 〜健康長寿産業の振興を目指して〜,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会,愛知工業大学,愛知(2013.5.25)

コミュニティーと心と人工物,心・社会・環境,青学オープンカレッジ,青山学院大学,東京(2013.3.16)

会議報告:CODATA International Workshop on “Motion and Vital Data Acquisition, Storage and Trends Predictive Analysis for Aging Population”,平成24年度科学情報学研究会 - 科学データパブリケーション -,FUKURACIA東京ステーション,東京(2013.3.11)

Japan: Robotics and Technological Innovations for Elderly Care, The International Conference on Using Advanced Technologies For Elderly Care: A New Paradigm, Dan Panorama Hotel, Tel Aviv, Israel(2013.2.27)

Robots for Elder Person's Use, The International Workshop on "Motion and Vital Data Acquisition, Storage and Trends Predictive Analysis", IBM Israel, Tel Aviv, Israel(2013.2.25)

やわらかい機械と機会を創るーゲルロボットから認知活動支援へー,千葉大学工学部機械工学科FD研修会,千葉大学,千葉(2013.1.11)

欧州の高齢者支援技術研究―スイス在外研究報告,ほのぼの研究所クリスマス講演会,千葉大学柏の葉キャンパス,柏(2012.12.4)

発想を豊かにし 脳をいきいきと保つ 新しいコミュニケーション,習志野ふれあい共想法の実践実行委員会,習志野(2012.11.22)
やわらかい機械と機会をつくる,女性研究者裾野拡大セミナー,山形大学,米沢(2012.10.25)

「共想法で認知症予防」―物忘れが気になるあなたへ―,一般社団法人リング・リンクくにたち,国立市公民館,国立(2012.10.21)
介護に役立つ共想法―認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション―,平成24年度 社団法人兵庫県老人福祉事業協会軽費・ケアハウス部会職員研修会,兵庫県福祉センター,神戸(2012.10.18)

Social Interaction Support via Coimagination - Collective Imagination Method, RBCS talk, Itanian Institute of Technology, Italy(2012.9.27)

Social Interaction Support via Coimagination - Collective Imagination Method, UH talk, University of Hertfordshire, U.K.(2012.9.20)

Social Interaction Support via Coimagination - Collective Imagination Method, CRAFT talk, EPFL, Switzerland(2012.9.10)
Electroactive Polymer Gel Robots and Social Interaction Support Robots, Brownbag\BiRoNZ talk, ETH Zurich, Switzerland(2012.7.24)

ほのぼの研究所 これからの5年,ほのぼの研究所移籍記念講演会,千葉大学柏の葉キャンパス,千葉県柏市(2012.7.3)

高齢者と楽しむほのぼの会話のすすめ,地域活動応援講座,柏市社会福祉協議会,柏(2012.6.28)

共想法,長寿社会と医療,千葉大学医学部,千葉(2012.6.21)

共想法入門,事業構想各論1,事業構想大学院大学,東京(2012.6.6, 20)

人工筋肉の動かし方 人間の動かし方,ロボット作ってみた・使ってみた・使われてみた,第2回ニコニコ学会β,ニコニコ超会議,幕張メッセ,千葉(2012.4.28)

ほのぼの会話のすすめ 現在過去未来をつなぐ共想法,ほのぼの研究所クリスマス講演会,東京大学柏キャンパス,柏(2011.12.13)
目的指向型基礎的実践研究,2011年GakuSayNet大学院生交流会,学術総合センター,東京(2011.12.11)

写真と会話で”想”いを”共”有する共想法,第12回日本認知症ケア学会大会,パシフィコ横浜,横浜(2011.9.24)

想いを引き出す会話支援ロボット,第13回感性工学会大会,工学院大学,東京(2011.9.4)

「共想法」,東葛菜の花「高次脳機能障害者と家族の会」第62回 7月例会,柏中央公民館,柏(2011.7.24)

視点をつなぐ「ふれあい共想法」,シンポジウム「貢献する心の生物・文化的起源と将来」,ホモコントリビューエンス研究所,国際文化会館,東京(2011.7.16)

閉じこもりを防ぎ認知症を遅らせる,ほのぼの研究所赤い羽根記念講演会,東京大学柏キャンパス,柏(2011.7.12)

新しい認知症予防「ふれあい共想法」,市民活動フェアーinあびこ2011,アビスタ,我孫子(2011.6.18)

共想法で認知症予防,NPO法人きらりびとみやしろ総会,埼玉県宮代町(2011.5.29)

認知症予防(共想法),健康づくりセミナー,高田倶楽部,柏(2011.4.24)

認知症予防活動による高齢者のエンパワメント,エンパワメント研究会,筑波大学,つくば(2011.3.2)

聞いて話して認知症予防,柏シルバー大学院,柏(2011.2.10)

認知機能維持向上を目的とした双方向会話を支援する共想法の開発,福祉システム研究会12月技術部会,目黒五百羅漢寺,東京(2010.12.18)

お出かけと会話で認知症予防,ほのぼの研究所クリスマス講演会,東京大学柏キャンパス,柏(2010.12.14)

認知症における共想法についてーほのぼの研究所における認知症予防回復支援サービスの開発ー,健康&スポーツセミナー,柏そごうプラザ館,柏(2010.11.27)

「ほのぼの研究所」における近未来の認知症予防回復支援サービスの開発,JAIST創立20周年記念シンポジウム,学術総合センター,東京(2010.10.27)

共想法セミナー,NPO法人武蔵観研月例会,ホテル三光,川越(2010.10.19)

認知症予防を目的とする共想法の開発−ほのぼの研究所における共同研究の取り組み,第61回人工知能セミナー「ヘルスケア 〜予防・医療・介護の立場から」,キャンパスイノベーションセンター,東京(2010.10.7)

サロンで使えるふれあい共想法,富勢地区社会福祉協議会ふれあい共想法出前講座,布施近隣センター,柏(2010.8.23)

誰でも参加できる共想法,ほのぼの研究所講演会とグループワーク,郡山市中央公民館,郡山(2010.7.20)

やわらか頭で認知症予防〜毎日のひと工夫で脳を長持ちさせる〜,ほのぼの研究所WAM記念講演会,東京大学柏キャンパス,柏(2010.7.13)

人を賢くする技術,21.1世紀:人間の現代,五月祭公開講座,東京大学 本郷キャンパス,東京(2010.5.30)

高齢者と工学者の協働による認知症予防への取り組み,京都工芸繊維大学総合プロセーシス研究センター セミナー,京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス,京都(2010.3.20)

電気活性高分子ゲルのモデリングとシミュレーション,09-2高分子基礎物性・高分子計算機科学合同研究会,東京大学本郷キャンパス,東京(2010.3.1)

高齢者の認知機能維持向上を目的とする会話支援技術の開発−同じ画像を見て制限時間の中で想いを共有する共想法の考案と実践,認知心理学会高齢者心理研究部会第4回研究会,東京都健康長寿医療センター研究所,東京(2010.2.28)

話して、聞いて、脳を元気に,多摩土曜大学講演会,関戸公民館ヴィータホール,東京(2010.2.20)

回想法と共想法のコラボレーション,語りと回想研究会主催 ワークショップ,東洋大学白山キャンパス,東京(2010.1.23)

ほのぼの研究所におけるサービスの漸進的開発―2050 年を見据えて―,第18回人工物工学コロキウム,東京大学人工物工学研究センター,柏(2010.1.18)

国際回想法学会・米国老年学会参加報告,ほのぼの研究所クリスマス講演会,東京大学柏キャンパス,柏(2009.12.8)

ヒト神経系シミュレーションと認知活動支援サービスへの展開,日本コンピュータ化学会2009秋季年会,東北大学,仙台(2009.11.13)

聞く力をつけて認知症予防,ほのぼの研究所設立二周年記念講演会,さわやかちば県民プラザ,柏(2009.7.14)

ほのぼのするかたち,公開講座 表現の科学,第67回 形の科学シンポジウム「表現の科学−人工物と環境を考える」,形の科学会,東京大学柏キャンパス,柏(2009.6.27)

システムの認知と認知システム,生体工学,名古屋大学大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻,名古屋(2009.6.3)

認知症予防回復支援サービスの開発,情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センターユニバーサルシティグループセミナー,情報報通信研究機構 けいはんな研究所,京都(2009.5.13)

認知症の予防,全6回,さわやかちば県民プラザ,柏(2009.4.14-6.23)

認知症の現状と定義・そして認知症に強い脳を作るためには,全2回,北部長寿大学特別講演,野田市北部公民館,野田(2009.3.19, 4.24)

Development of Coimagination Method for Supporting Cognitive Activities towards Prevention of Dementia and its Application to Knowledge Creation for Health and Well-Being, 第20回日本発達心理学会国際ワークショップ,日本女子大学,東京(2009.3.23)

画像提示による会話支援システムの開発と記憶課題による評価,認知症と記憶障害の方への工学的支援−最新技術によるケアの可能性を探る,京都工芸繊維大学総合プロセーシス研究センター,東京(2009.3.15)

認知症予防回復を支援する共想法の開発と健康長寿知識の生成と共有,第6回知識創造支援システムシンポジウム,北陸先端科学技術大学院大学,石川(2009.2.26)

認知症予防回復支援のサービス工学からのアプローチ−共想法の考案と実践、ほのぼの研究所の設立−,長崎神経内科リハビリテーション医学研究会,長崎(2009.2.20)

ほのぼの研究所における共想法支援システムを用いた健康長寿知識の創造支援,組織における知識創造支援に関する理論と技術の構築ワークショップ,科学技術振興機構 研究開発戦略センター,東京(2009.1.30)

認知神経系シミュレーションと高齢社会のサービス基盤技術への展開,ニューラルネットワークフォーラム・学術創成研究特別講演会,京都(2009.1.19)

神経系、認知系のシミュレーションと高齢社会のサービス基盤技術への展開,クリスマスセミナー,名古屋大学大学院工学研究科マイクロナノシステム工学専攻,名古屋(2008.12.22)

ふれあい共想法とほのぼの研究所,生きがいづくり講座特別講義,さわやかちば県民プラザ,柏(2008.12.11)

認知症の予防,全15回,さわやかちば県民プラザ,柏(2008.10.15-3.4)

機能性高分子ゲルのモデリングとシミュレーション,ゲルワークショップ イン 大阪,高分子学会 高分子ゲル研究会,ホテルアウィーナ大阪,大阪(2008.9.27)

共想法−自在なテーマに沿って題材を持ち寄り交互に会話するコミュニケーション支援手法,ワークショップ2:記憶障害や認知症の方を支援するノンバーバルコミュニケーション,及びその他,ヒューマンインタフェースシンポジウム2008,大阪大学コンベンションセンター,大阪(2008.9.1)

Vita Nova in Japan Village-Data for e-health and Well-being,The 18th Conference of CODATA-DSAO Task Group Conference Mishima,国立遺伝学研究所,三島(2008.8.30)

NPO法人 ほのぼの研究所の設立,NPO法人ほのぼの研究所設立記念式典,東京大学,柏(2008.7.15)

ロボメカと私,20周年記念フォーラムパネルディスカッション ロボメカの未来について,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2008,メルパルク長野,長野(2008.6.5)

ふれあい共想法に参加しませんか,市民活動フェスタ2008,アミュゼ柏,柏(2008.5.13)

ほのぼの会話で認知症予防,健康フェア,大学コンソーシアム柏健康づくり分科会,ららぽーと柏の葉,柏(2008.4.20)

ヒト脳神経系シミュレーション(2):行為の自他帰属性モデルの開発,神経系の動作原理解明のための実験と理論の融合をめざすワークショップ,東京(2008.2.7)

ヒト脳神経系シミュレーション(1):オープンブレインシミュレータの開発,神経系の動作原理解明のための実験と理論の融合をめざすワークショップ,東京(2008.2.6)

共想法による認知症予防回復支援サービスの開発〜ほのぼの研究所における取り組み〜,第21回社会的知能発生学研究会,札幌 (2007.12.1)

記憶の中のまちを共想する,会津探検隊,会津大学文化研究センター,会津 (2007.11.30)

認知症の予防,第一回柏の葉アカデミア講座,さわやか千葉県民プラザ,柏 (2007.10.27)

From Neural-simulator to Service Design, International Conference on the “Science of Design” Part 1: Workshop Program, 京都嵐亭ホテル,京都 (2007.9.28)

認知障害支援ロボティクス,第25回日本ロボット学会学術講演会 一般公開セッション (1) 2050年のロボット社会に向けて 〜経済産業省・日本人間工学会・人工知能学会ジョイントパネル〜,千葉工業大学,習志野 (2007.9.13)

市民と共につくるほのぼの社会の科学技術研究,東京大学−柏市・民産官学連携研究拠点「ほのぼの研究所」開所式,柏市介護予防センターほのぼのプラザますお,柏 (2007.7.10)

Global Scientific Challenges: Perspectives from Young Scientists (ICSU) and The Steering Committee of the Science for Health and Well-Being Initiative (ICSU) 報告,第一回 知的基盤研究会,日本学術会議(国際サイエンスデータ分科会), 国立科学博物館,東京 (2007.5.21)

Women in Robotics and WIE〜女子学生と女性研究者のコンピテンシー育成モデル〜,Women in Engineering 北海道交流講演会,IEEE Japan Council WIE, 北海道大学,札幌 (2007.5.18)

サイエンスカフェ“句会”「科学を旅して、俳句をつくろう」,日本科学未来館,東京 (2007.5.4)

Neural-simulator and trans-disciplinary cooperation, ICSU Global Scientific Challenge: Perspectives from Young Scientists, Lindau, Germany. (2007.4.5)

ロボット研究と女性研究者, 第4回「女性研究者のリーダーシップ」研究会 ロボットと女性, 京都大学,京都 (2007.2.10)

体の動きから見る脳,さきがけライブ2006,東京 (2006.12.15-16)

ヒト脳神経系シミュレーションとサービス設計への応用,第13回人工物工学コロキウム,東京大学人工物工学研究センター (2006.12.13)

Human Neural Simulation towards Human-oriented Innovation, JSPS Japanese-German Colloquium Robotics 2006, Ismaning, Germany (2006.11.19)

Bidirectional Multiscale Neural Simulation, 2006 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium (JAFOE), つくば (2006.11.10)

From Muscle to Brain: Development of Electroactive Polymer Gel Robots and Human Neural Simulator,理化学研究所脳科学研究センター (2006.7.12)

ゲルロボットと神経系シミュレーションの研究:開放系の理解と応用,北海道大学,札幌 (2006.6.27)

統合失調症の認知神経モデリング─ヒトの社会性の理解と支援を目指して─,第17回社会的知能発生学研究会,札幌 (2006.6.25)

生体医工学教育におけるジェンダーとアウトリーチ,シンポジウム「日本の生体医工学教育について考える」,第45回日本生体医工学会大会,福岡(2006.5.17)

データベースに登録された神経細胞モデルの網羅的解析―神経科学知識の統合化と応用に向けて,学術統合化プロジェクト(ヒト)(地球)合同シンポジウム,東京大学 (2006.4.17)

神経系の双方向シミュレーション ─人の動きを体の内側から読む─,外界と相互作用するからだプロジェクト研究会,奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科,奈良(2006.3.28)

100時間ワークショップによる認識技術・並列計算技術の融合と融合研究プラットフォームの開発, 情報科学技術戦略コア融合プロジェクト合同ワークショップ, 東京大学大学院情報理工学系研究科 (2006.3.13)

Women in Robotics towards Human Science, Technology and Society: Motivation and Practice, Panel Discussion on Women in Robotics, Human Science and Society, The 9th International Conference on Intelligent Autonomous Systems, University of Tokyo (2006.3.8)

Development of Bilateral Multiscale Neural Simulator – Towards Human Science Integration,広島大学21世紀COE第一回国際シンポジウム, 広島 (2005.11.18)

ゲルロボットの研究と学術統合化プロジェクト, 身体性機械論, 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻 (2005.7.8)

ヒト神経系マルチスケールシミュレーション,東京大学領域創成プロジェクト学術統合化プロジェクト設立シンポジウム,東京大学 (2005.6.6)

環境と相互作用する人工物と人間のデザインと制御, イブニングセミナー, 東京大学大学院新領域創成科学系研究科環境学専攻 (2005.3.31)

脊髄神経系シミュレーション:運動神経情報の階層化処理, 情報科学技術戦略コア融合プロジェクト合同ワークショップ, 東京大学大学院情報理工学系研究科 (2005.3.8)

神経系シミュレーションの研究,第13回社会的知能発生学研究会,京都(2005.3.5)

Control of Electroactive Polymer Gel Robots, Robotics Seminer, Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory (CSAIL), MIT, Boston, USA (2004.7.23)

ゲルロボットの研究,ソフトマテリアル機能応用調査研究会 第2回調査研究会,計測自動制御学会 システムインテグレーション部門,大阪 (2003.7.18)

ゲルロボットの研究, 生体高分子設計第一講座, 北海道大学, 札幌 (2002.2.7)

電場応答性高分子ゲルロボットの研究, 第6回材料と構造の高度知能化と機能化に関する研究会, 日本機械学会材料力学部門, 東京 (2000.11.17)
報告・寄稿・座談会

オリジナリティーの源,柳宗悦『民藝四十年』,青春の一冊,東京大学新聞,2010.5.4.

Mihoko Otake. Special Issue on Service Technology for Health and Well-Being,Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.20, No.6, pp. 809, 2008.

大武美保子.サービス工学の挑戦,あけぼのNo.294,柏市民新聞,2008.8.22.

大武美保子.研究の市民参加で科学技術と社会が面白くなる,2008年新春展望,Biotechnology Japan,2008.1.4.

栗田雄一, 菅原雄介, 大武美保子, 「21 世紀COE プログラム―ロボット系若手研究者の視点から―」特集について.日本ロボット学会誌, vol. 25, no. 3, pp.325, 2007.

青井伸也, 石井裕之, 川原知洋, 高橋正樹, 成川輝真, 山田浩也, 栗田雄一, 菅原雄介, 大武美保子, 僕達・私達と21世紀COE.日本ロボット学会誌, vol. 25, no. 3, pp.374-379, 2007.

栗田雄一, 菅原雄介, 大武美保子, 「21 世紀COE プログラム―ロボット系若手研究者の視点から―」特集編集後記.日本ロボット学会誌, vol. 25, no. 3, pp.325, 2007.

大武美保子,本間敬子,「Women in Robotics」特集について.日本ロボット学会誌, vol. 24, no. 5, pp. 563, 2006.

大武美保子,本間敬子,「Women in Robotics」特集編集後記.日本ロボット学会誌, vol. 24, no. 5, pp. 604, 2006.

大武美保子.体の動きから見る脳さきがけライブ2006,独立行政法人 科学技術振興機構,2006.12.15.

Mihoko Otake and Mariko Aoki, WIE Lecture and Networking: Exchange of South Eastern Asia,IEEE Japan Council Women in Engineering Affinity Group,2006.11.11.

大武美保子.着任の辞,東京大学人工物工学研究センターRACE NEWS vol.15, p.2, 2006.10.

大武美保子,尾川順子.Women in Engineering設立一周年記念講演会ならびに交流会,IEEE Japan Council Women in Engineering Affinity Group,2006.7.22.

Mihoko Otake and Keiko Homma, Women in Robotics for Communication and Outreach, RASeNews, the IEEE Robotics and Automation email newsletter, 2006.6.14.

総括プロジェクト機構 学術統合化プロジェクト《ヒト》《地球》合同シンポジウムを開催,学内広報 No.1336, 東京大学広報委員会,p.9-10, 2006.5.17.

大武美保子.神経系の双方向マルチスケールシミュレータの開発,さきがけ”なでしこ”キャンペーン,独立行政法人 科学技術振興機構 ,2006.5.

総括プロジェクト機構 領域創成プロジェクト・学術統合化プロジェクト設立シンポジウムを開催,学内広報 No.1316,東京大学広報委員会,p. 2, 2005.6.22.

大武美保子.誰の、誰による、誰のためのデジタルミュージアム?デジタルミュージアムの作りかた・使い方 2002年度版【第4回】,財団法人高度映像情報センター,2002.

大武美保子,松下剛士.体験型博物館 −アメリカのミュージアムに学ぶ−,デジタルミュージアムの作りかた・使い方 2002年度版【第3回】,財団法人高度映像情報センター,2002.

大武美保子.観客制作参加型デジタルミュージアムの作り方,多次元フォトコラージュワークショップ@日本民藝館【第4回】,財団法人高度映像情報センター,2002.

大武美保子.多次元フォトコラージュワークショップ@日本民藝館【第1回】,財団法人高度映像情報センター,2002.

丹治はるか,大武美保子.多次元フォトコラージュを用いたデジタルミュージアム制作ワークショップ,オン・ザ・アートスポット,アートスケープ,大日本印刷株式会社,2002年7月15日号.
取材協力

楽しい会話の力でさらば!認知症,夢の扉+,TBS,2014.2.9.

ぎんさんの娘姉妹の会話にロボットが相づち,ノンストップ!,フジテレビ,2013.12.16.

会話に花咲く相づちロボ 認知症予防に開発中,東京新聞,2013.12.13.

認知症予防ロボ開発に協力−ぎんさん娘あいづち先生,中日新聞,2013.12.3.

高齢者の会話ロボで盛り上げ,日本経済新聞,2013.11.12.

高齢社会考えるシンポジウム,おはよう日本, NHK,2013.11.3.

前向きで積極的な会話が脳の機能を向上させる,月刊清流2013年12月号

変化に積極的に対応,AIで支える認知症,千葉日報,2013.8.27.

会話で鍛える認知機能,AIで支える認知症,千葉日報,2013.8.20.

1日3時間の“縁側談義”が脳を活性化させるがね,続・ぎん言第13回,女性セブン,2013年8月15日号.

ぎんさん娘4姉妹 3分の会話に102回やりとりしAI研究者驚く(NEWS ポストセブン配信),Yahoo!ニュース,2013.8.3.

変化への対応積極的に,AIで支える認知症2,山梨日日新聞,2013.7.22.

変わる環境に積極的な対応を,AIで支える認知症2,山口新聞,2013.7.18.

会話で鍛えるロボ試作,AIで支える認知症1,山梨日日新聞,2013.7.15.

会話で鍛える機能,AIで支える認知症上,室蘭民報,2013.7.12.

会話で鍛える認知機能,AIで支える認知症1,山口新聞,2013.7.11.

ぎんさんちのご長寿四姉妹 ”おしゃべり”で脳が活性化!!,ひるおびハテナ?,TBS,2013.7.5.

会話ロボ 4姉妹をお手本に,AIで支える認知症上,西日本新聞,2013.7.4.

上から目線 関係築けず機能低下,AIで支える認知症2,中国新聞,2013.7.3.

しゃべり分析 ロボ試作,AIで支える認知症1,中国新聞,2013.7.2.

人との交流積極姿勢が衰えを防ぐ,AIで支える認知症2,新潟日報,2013.6.28.

環境変化に積極的対応,AIで支える認知症2,静岡新聞,2013.7.2.

会話で自然に機能訓練,AIで支える認知症1,静岡新聞,2013.7.1.

「ぎんさん」の娘たち会話楽しみ頭を鍛える,AIで支える認知症1,新潟日報,2013.6.18.

上から目線型注意,AIで支える認知症2,東京新聞,2013.6.18.

4姉妹 会話が訓練,AIで支える認知症1,東京新聞,2013.6.17.

認知症研究 富山で注目,富山新聞,2013.6.4.

認知症研究注目集める,北日本新聞,2013.6.4.

The Power of Chatting, News Line Japan, NHK News World, 2013.4.8.

“ぎんさんの娘”に学べ,おはよう日本, NHK,2013.3.4.

楽しい会話で物忘れを防ぐ ほのぼの共想法,地域新聞,Vol.401, 2013.3.1.

解明 ぎんさんの娘4姉妹の健康ご長寿“会話術”,おはよう東海,NHK,2013.2.23.

Technology and Business: Fight Off Aging with Chatting!, Radio Japan Focus, NHK World Radio Japan, 2013.2.19.

ぎんさんの娘に学ぶ長寿会話術,ほっとイブニング,NHK,2013.2.14.

認知症予防に役立つ「共想法」で高齢化が進む日本の新しい社会モデルをつくりたい,フロントランナー,SQUET, P.27-29, 2013年1月号.

「やわらかい機械と機会をつくる」,工学部,山形大学男女共同参画推進室ニューズレター第12号, 2013.1.

脳活性化ジムや会話力強化 研究進む認知症予防策,NEWSアンサー,テレビ東京,2012.12.20.

“おしゃべり”で老化を防げ!〜ぎんさんの娘たち 元気の秘密〜,クローズアップ現代,NHK,2012.11.15.

介護に役立つ共想法 認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション,おすすめの本,ケアマネージャーのあなたに,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.11.

「面白い話」をするコツ,福祉マイスターへの道,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.9.28.

会話のテーマ,福祉マイスターへの道,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.9.27.

グループでの会話,福祉マイスターへの道,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.9.26.

初対面の利用者との会話,福祉マイスターへの道,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.9.25.

日常会話に適した「位置関係」,福祉マイスターへの道,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.9.24.

認知症予防「ふれあい共想法」入門コースの受講者を募集,東葛まいにち,2012.9.12.

認知症予防策 新たな試み,日本経済新聞,2012.9.9.

ふれあい共想法で認知症予防を,ケアワーク,介護労働安定センター,2012年9月号,pp.3 – 7, 2012.9.

高齢者の会話を支援する「共想法」全員参加で「話す」「聞く」バランス確保,特集 もうひとつのライフイノベーション,産学官連携ジャーナル Vol.8, No.4,科学技術振興機構, 2012.4.15.

映画「ポエトリー アグネスの詩」順次公開,試練に耐え紡ぐ詩認知症女性の創作に識者の声は…,トピックス,新時代 New Way of Life(認知症予防財団財団報),2012.3.

介護に役立つ共想法 認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション,読んでみた,新時代 New Way of Life(認知症予防財団財団報),2012.3.

ロボットが司会!? - 東大・大武美保子准教授×SF作家・瀬名秀明氏の対談,エンタープライズ,マイナビニュース,2012.2.16.

ロボットが司会!? - 東大・大武美保子准教授×SF作家・瀬名秀明氏の対談(マイナビ配信),Yahoo!ニュース,2012.2.16.

ロボットが司会!? - 東大・大武美保子准教授×SF作家・瀬名秀明氏の対談(マイナビ配信),エキサイトニュース,2012.2.16.

ロボットが司会!? - 東大・大武美保子准教授×SF作家・瀬名秀明氏の対談(マイナビ配信),gooニュース,2012.2.16.

介護に役立つ共想法,おすすめの本,福祉専門職サポーターズ,介護・福祉の応援サイト けあサポ,2012.1.31.

コミュニケーションを「むずかしい」から「面白い」に変える一冊『介護に役立つ共想法』,介護ニュース,介護の専門家に相談できる「わかるかいご」,2012.1.26.

コミュニケーションを「むずかしい」から「面白い」に変える一冊『介護に役立つ共想法』,業界ニュース,介護支援専門員サイト ケアマネジメントオンライン,2012.1.25.

介護に役立つ共想法,介護福祉・介護保険,ブックエンド,週刊福祉新聞,2012.1.16.

ほのぼの研究所クリスマス講演会,Online ROBOCON Magazine,2011.12.27.

介護に役立つ共想法,Book Review,おはよう21,2012年2月号,pp.89, 2011.12.20.

『貢献する心』の瀬名秀明さん・大武美保子さん講演報告,書評&イベント,工作舎,2011.12.20.

認知症予防のための会話支援ロボットの活用,超高齢社会に向けたロボットのあり方,ロボコンマガジン,2011年11月号,pp. 11-13, 2011.11.

既成概念を覆す技術と思考,知識とスキルを知るインタビュー動画,excite 教育,2011.9.27.

認知症対策の新手法「ふれあい共想法」で、健康と福祉の街づくり,柏の葉スタイルニュース,UDCK ニュースレター,Vol.25,2011 年 5 月号,2011.5.18.

好きなものを映しながら会話し脳を活性化する喫茶室とは,世界一敷居が低い最新医学教室,瀬名英明,pp.54-55,2011.4.15.

認知症予防にも効果!「共想法」で、ほのぼの会話,第4回 「面白い話」の見つけ方,最新家族介護レポートけあサポ’s EYE,介護・福祉の応援サイトけあサポ,中央法規出版,2011.3.28.

認知症予防にも効果!「共想法」で、ほのぼの会話,第3回 「共想法」を日常生活に活かす方法,最新家族介護レポートけあサポ’s EYE,介護・福祉の応援サイトけあサポ,中央法規出版,2011.3.21.

認知症予防にも効果!「共想法」で、ほのぼの会話,第2回 「共想法」の実施方法,最新家族介護レポートけあサポ’s EYE,介護・福祉の応援サイトけあサポ,中央法規出版,2011.3.14.

認知症予防にも効果!「共想法」で、ほのぼの会話,第1回 「共想法」とは?,最新家族介護レポートけあサポ’s EYE,介護・福祉の応援サイトけあサポ,中央法規出版,2011.3.7.

ふれあい共想法,まちの話題,電脳みやしろ,2011.3.24.

ふれあい共想法,当世キーワード,ラジオあさいちばん,NHKラジオ第一,2011.2. 6.

ふれあい共想法,新語探検,Yahoo!辞書,2011.2. 4.

「健康&スポーツセミナー」認知症予防「共想法」について講演,東葛まいにち,2011.1. 6.

招待講演「ほのぼの研究所」における近未来の認知症予防回復支援サービスの開発,JAIST NOW 20周年特集号,Vol.7,pp. 13,2010.12.22.

「今」を話して脳活性化,東大・大武准教授が開発、「共想法」,認知症予防へ効果検証,朝日新聞,千葉版,2010.11.26.

共想法、日常語り脳刺激,現実社会を「説明」「質疑」,朝日新聞,愛知版,2010.11.20.

認知症予防,首都圏ネットワーク,NHK,2010.7.22.

公開講座「ヒトを賢くする技術」,第83回五月祭 - 特集企画,UT-Life,2010.5.30.

ほのぼの研究所,プラチナ社会実現を!渡辺副大臣&小宮山宏,LIVE PRIME NEWS,BSフジ,2010.5.19.

「共想法」を気軽に体験,短信 医療新世紀,共同通信社,2009.10.20.

認知症予防「ふれあい共想法」を気軽に体験,健康,ZAKZAK,2009.10.14.

「共想法」を気軽に体験,医療短信,熊本日日新聞,2009.10.13.

認知症予防へ東大准教授ら考案,短時間で「共想法」,山陽新聞,2009.10.12.

「共想法」を気軽に体験,聴診器,山口新聞,2009.10.12.

ふれあい共想法気軽に体験を,短信 医療新世紀,デーリー東北,2009.10.12.

写真見て話し 認知症防ごう 柏『ほのぼの研究所』2周年,東京新聞,2009.7.16.

独自手法で脳活性化 大武・東大准教授,千葉日報,2009.7.7.

ふれあって認知症予防 1人1人を意識した対策を 大武美保子准教授,東京大学新聞, 2009.6.2.

話して、聞いて、脳を元気に,ルポ・はつらつ人間,長陽,2009年夏号, pp.27-29, 2009.5.

写真使い会話「共想法」新たな認知症予防法,産経新聞,2009.4.7.

ご近所で、介護施設で…高齢者 会話増やそう,写真囲み、にぎやかに 認知症予防にも期待,日本経済新聞,2009.3.17.

写真で呼び覚ます記憶,東大とNPO「共想法」で認知症予防,読売新聞,2008.9.24.

「ほのぼの研」NPOに,短信 最新医療情報,共同通信社,2008.8.26.

「ほのぼの研」NPO法人に,産経新聞,2008.8.25.

NPO法人ほのぼの研究所賛助会員募集,東葛まいにち,2008.8.13.

80歳で中堅 大武さん,レーザー,日刊工業新聞,2008.7.30.

東京大学人工物工学研究センター准教授 大武美保子さん,顔No.364,柏市民新聞,2008.7.25.

ほのぼの研究所1周年記念イベント,J:COM, 2008.7.21-27.

「ほのぼの」した社会の実現へ向けて市民参加型の科学技術研究を推進する 東京大学 人工物工学研究センター 准教授 ほのぼの研究所 所長 大武美保子さん,クローズ アップ ピープル,J:COM, 2008.6.9-15.

ほのぼの研究所「ふれあい共想法」,大学と連携した健康づくり,広報かしわ,2008.6.15.

認知症予防84歳研究員の発表も 旭川で人工知能学会「共想法効果ある」,北海道新聞,2008.6.14.

ヒトと社会をもっと面白く幸せにする ヒト学・サービス学の研究,Message from Scientists,サイエンスチャンネル,2007.12.15.

ほのぼの研究所発足,2007一年を振り返る,広報かしわ,2007.12.15.

大武美保子-13 面白いことを膨らませる方法が知りたい, サイエンス・メール, 2007.11.22.

大武美保子-12 当たり前のことを愚直に, サイエンス・メール, 2007.11.15.

大武美保子-11 捉え方や解釈で内部状態は大きく変わる, サイエンス・メール, 2007.11.8.

大武美保子-10 自他帰属性の変化を説明するモデル, サイエンス・メール, 2007.11.1.

大武美保子-9 筋肉の情報を神経が処理するという人体の捉え方, サイエンス・メール, 2007.10.25.

大武美保子-8 知能を駆動する根本的な働きへの興味, サイエンス・メール, 2007.10.18.

大武美保子-7 ゲルの曲がり方の変形予測モデル, サイエンス・メール, 2007.10.11.

大武美保子-6 「柔らかい」機構いろいろ, サイエンス・メール, 2007.10.4.

大武美保子-5 人工筋肉の現状, サイエンス・メール, 2007.9.27.

画像見て会話、脳に刺激 グループで認知症予防,岐阜新聞,2007.9.24.

大武美保子-4 スーパーマンになりたかった, サイエンス・メール, 2007.9.20.

大武美保子-3 記憶のなかの内部時間とシステムの安定点, サイエンス・メール, 2007.9.13.

認知症予防へ画像見て会話 脳に刺激、実践研究も,長崎新聞,2007.9.8.

大武美保子-2 精神も案外ハードウェア?, サイエンス・メール, 2007.9.6.

画像見て会話し認知症予防「ふれあい共想法」脳に刺激、東京大が開発,医療新世紀 最新医療情報,共同通信社,2007.9.4.

地域と共に歩む,おとなりさん,広報かしわ,2007.9.1.

画像見て会話認知症予防,福島民報,2007.8.26.

大武美保子-1 認知メカニズムを刺激する共想法, サイエンス・メール, 2007.8.23.

認知症予防回復の開発へ 柏市に民産官学の研究所誕生 「ふれあい共想法」の新技術に期待,在宅介護の現場から<114>,朝日れすか,2007.8.20.

認知症予防に有効!「ふれあい共想法」参加者募集,広報かしわ,2007.8.15.

認知症予防プログラムを開発 東大と市が「ほのぼの研究所」開設,柏市民新聞,2007.8.10.

認知症予防と回復に期待 民・産・官・学連携研究拠点「ほのぼの研究所」開設,東葛まいにち,2007.8.8.

認知症研究の拠点設置 柏市と共同で民産官学連携,東京大学新聞,2007.8.7.

「”会話”で認知症予防」,NHK おはよう日本『首都圏』,NHK 首都圏放送センター,2007.7.31.

サービス創造ワークショップ・大武美保子,〜現役東大生による東京大学情報本〜 東大2008・どうする東大!? 『東大なんて……』と言う前に, 東京大学新聞社, P.170-171, 2007.7.26.

神経系の双方向シミュレータを開発 柏市ほのぼの研究所で認知症予防,連載「さきがけCloseUp」 第6回 大武美保子・東大准教授,BTJジャーナル,2007年7月号 No.019, pp.10-11, 2007.7.

認知症予防 新手法を試行 東大と柏市連携 「研究所」を開設,朝日新聞,2007.7.25.

ほのぼの研究所開所式,Hometown東葛,J:COMテレビ(9時、14時、24時),2007.7.24.

画像見ておしゃべりを 柏 認知症予防で「ほのぼの研究所」,東京新聞,2007.7.17.

思い出の写真で認知症予防 柏に「ほのぼの研究所」,読売新聞,2007.7.11.

「共想法」研究所発足 東大・柏市 楽しんで認知症予防,毎日新聞,2007.7.11.

認知症の予防・回復へ 市民と産官学連携 東大・柏市で地域が「研究所」に,日本経済新聞,2007.7.11.

柏に介護予防の研究拠点,千葉のニュース,NHK 千葉放送局2007.7.10.

河田孝雄,学会コレクション「さきがけライブ2006」,BTJジャーナル,2007年1月号 No.013, pp.17-18, 日経BP社,2007.1.

脳の刺激を疑似再現 東大、リハビリなど実用へ,FujiSankei Business i.,フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社),2007.1.3.

森山和道JST、未来の可能性を垣間見る「さきがけライブ2006」開催Robot Watch,インプレス,2006.12.18.

学術統合化プロジェクト(ヒト)現地取材,榊原・嶌のグローバルナビ,TBSテレビ(BS-i),2006.7.8.

岡本真,大武美保子さん、Mihoko Otake Official Websiteを公開.ACADEMIC RESOURCE GUIDE, No.242, 2006.5.10.

森山和道,ロボット研究現場における女性研究者の現状とこれから.ロボコンマガジン, No. 45, pp.100-101, 2006.

齋藤 淳,女性理工系研究者の育成支援で活発な討議 - Women in Robotics開催.東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第71号, 2006.3.22.

齋藤 淳,自律ロボットの国際会議で初の女性研究者のみのセッション.東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第65号,2005.12.21.

齋藤 淳,総括プロジェクト機構 大武美保子 講師に聞く「短期決戦で素晴らしい成果を生んだ100時間WS@情報理工COE」. 東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第61号, 2005.10.26.

齋藤 淳,グリッドを使い超多次元の特徴量から行動認識――100時間WSの成果.東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第61号, 2005.10.26.

古川雅子,人の暮らしによりそい実世界を支える情報システム.日経BPムック「変革する大学」シリーズ 東京大学工学部2005-2006,pp.90-91, 2005.

橋本 敏彦,知能機械情報学専攻 大武美保子 COE特任助手に聞く「一流選手の運動神経をコンピューターでシミュレーションしたい」.東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第40号,2004.12.8

橋本 敏彦,井上教授グループ、タコのように物に巻き付くゲルロボットを発表.東大情報理工ARAプログラム メールマガジン 第1号,2003.4.23

About the Experts. WW-EAP Newsletter, Vol.5, No.1, 2003.

特別企画 公共ホームページgoodsite運動座談会【第2部】インターネットによる情報提供,社会教育,p.37-45, 2002年11月号.

特別企画 公共ホームページgoodsite運動座談会【第1部】いいサイト、いいホームページの秘密を探る,社会教育,p.77-85, 2002年10月号.

Duncan Graham-Rowe, Minibeast muscles in on robot limbs. Article Preview, New Scientist, Magazine issue 2350, 06 July 2002.
研究助成

科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム
研究課題名:大規模会話データに基づく個別適合型認知活動支援
研究期間:平成22年度〜平成27年度
役割:代表者

文部科学省 科学研究費補助金新学術領域研究 こころの時間学
研究課題名:言語処理に基づくこころの時間の計数可視化インタフェースの開発
研究期間:平成26年度〜平成27年度
役割:代表者

文部科学省 科学研究費補助金新学術領域研究 人ロボット共生学
研究課題名:非言語情報の認識と言語情報の利活用に基づく会話支援ロボットの開発
研究期間:平成24年度〜平成25年度
役割:代表者

文部科学省 科学研究費補助金新学術領域研究 人ロボット共生学
研究課題名:会話支援ロボットの開発と会話双方向性計測法による相互作用のモデル化
研究期間:平成22年度〜平成23年度
役割:代表者

日本学術振興会 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究課題名:超高齢社会における社会的孤立を回避させるためのコミュニケーション・ツールの開発
研究期間:平成23年度〜平成25年度
役割:分担者

福祉医療機構 先進的・独創的活動支援事業助成金
研究課題名:「共想法」による社会参加促進人材育成事業
研究期間:平成23年度
役割:代表者

福祉医療機構 先進的・独創的活動支援事業助成金
研究課題名:「共想法」による高齢者の社会参加促進事業
研究期間:平成22年度
役割:代表者

社会福祉法人柏市社会福祉協議会 平成24年度地域課題解決活動助成
研究課題名:高齢者による高齢者のための認知症予防活動
研究期間:平成24年度
総額:300千円
役割:代表者

社会福祉法人千葉県共同募金会 平成22年度赤い羽根募金
研究課題名:認知症予防研修会・講習会開催
研究期間:平成23年度
役割:代表者

社会福祉法人柏市社会福祉協議会 平成23年度地域課題解決活動助成
研究課題名:高齢者による高齢者のための認知症予防活動
研究期間:平成23年度
役割:代表者

社会福祉法人柏市社会福祉協議会 平成22年度地域課題解決活動助成
研究課題名:高齢者による高齢者のための認知症予防活動
研究期間:平成22年度
役割:代表者

科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CRESTプログラム
研究課題名:安心・安全のための移動体センシング技術
研究期間:平成22年度
役割:分担者

文部科学省 科学研究費補助金特定領域研究 移動知
研究課題名:他者理解と適応的運動の社会神経科学的メカニズムの解明
研究期間:平成20年度〜平成21年度
役割:連携研究者

文部科学省 科学研究費補助金特定領域研究 情報爆発
研究課題名:実世界情報並列計算基盤の開発
研究期間:平成19年度〜平成20年度
役割:代表者

千葉県 国際学術研究拠点形成促進モデル事業補助金
研究課題名:共想法による認知症予防回復支援サービスの開発
研究期間:平成19年度
役割:代表者

柏市 柏市大学と地域の連携によるまちづくり調査研究事業補助金
研究課題名:民産官学連携による新たな認知症予防法遠隔支援システムの普及・展開
研究期間:平成19年度
役割:代表者

豊田理化学研究所 研究嘱託
研究課題名:コミュニケーションによる認知症予防回復支援システムの開発
研究期間:平成20年度
役割:代表者

豊田理化学研究所 研究嘱託
研究課題名:認知症の神経モデルとコミュニケーション支援システムの開発
研究期間:平成19年度
役割:代表者

科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム
研究課題名:神経系の双方向マルチスケールシミュレータの開発
研究期間:平成16年度〜平成19年度
役割:代表者

科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究課題名:ゲルロボットの研究:機能性高分子材料で構築された連続体の変形と運動の制御
研究期間:平成13年度〜平成14年度
役割:代表者
委員・役員

第19回ロボティクス・シンポジアプログラム委員(2013)

Organizing Committee, CODATA International Workshop on “Motion and Vital Data Acquisition, Storage and Trends Predictive Analysis for Aging Population”(2012-2013)

Editor, 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)(2012)

第18回ロボティクス・シンポジアプログラム委員(2012)

ヒューマンインタフェース学会会誌委員会委員(2012)

日本ロボット学会欧文誌委員会委員(2012-)

日本ロボット学会次世代構想分科会委員(2012)

平成24年度人工知能学会評議員(2012-)

人工知能学会身体知研究会幹事(2012-)

Program Committee, 2nd ACM SIGHIT International Health Informatics Symposium(2011-2012)

Invired Discussant, US-JAPAN Workshop on Bio-Inspired Engineering of Next-Generation Sensors and Actuators (2011)

日本学術会議特任連携会員(2009-2011)

Associate Editor, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)(2010-2011)

Program Committee, 2011 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2011)(2010-2011)

第16回ロボティクス・シンポジアプログラム委員(2010)

Program Committee, The 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems(2010)

IEEE WIE Robotics and Automation Society Coordinator(2010)

第15回ロボティクス・シンポジアプログラム委員(2009)

Program Committee, IEEE/ICME 2010 IEEE International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2010)(2009-2010)

Program Committee, The 5th International Conference on Advanced Mechatronics(2009-2010)

Program Committee, The 2009 International Symposium on Early Detection and Rehabilitation Technology of Dementia(2009)

第3回移動知国際シンポジウムプログラム委員(2009)

東京大学工学部工学ビジョン編集委員会委員(2009)

第19回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN'09) 実行委員(2009)

組織における知識創造支援に関する理論と技術の構築ワークショップ−討議者, 科学技術振興機構 研究開発戦略センター(2009)

東京大学工学部システム創成学科企画委員長(2009)

Tutorial/Workshop Co-Chair, 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication(2008-2009)

第14回ロボティクス・シンポジアプログラム委員(2008)

東京大学工学部工学ビジョン検討委員会委員(2008)

Editor in Chief, Special Issue on Service Technology for Health and Well-Being, Journal of Robotics and Mechatronics(2008)

NPO法人 ほのぼの研究所 代表理事(2008-)

Program Committee, 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(2008)

日本ロボット学会 第26回学術講演会プログラム委員(2008)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008プログラム委員(2008)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,ロボティクス若手ネットワーク・ランチタイムセミナー 君と共に ロボティクスが拓く未来,オーガナイザ(2008)

Vice Chair, IEEE Japan Council WIE (2008-)

日本ロボット学会 第26回学術講演会プログラム委員(2008)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008プログラム委員(2008)

東京大学−柏市・民産官学連携研究拠点 ほのぼの研究所 所長(2007-)

Editorial Board, Journal of Robotics and Mechatronics(2007-)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス研究部門85期欧文誌委員会委員(2007-)

Program Committee, IEEE/RSJ International Conference on
Intelligent Robots and Systems 2007(2007)

Organizing Committee, 2007 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium (JAFOE)(2007)

平成19年度経済産業省技術戦略ロードマップローリング事業ロボット分野アカデミックロードマップ委員会人間系複合領域ARM委員会委員 (2007-2008)

Organizing Committee, Birds of a Feather Women Lunch, 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) (2007)

Local Committee, Third Asian Pacific Conference on Biomechanics(2007)

日本ロボット学会 第25回学術講演会プログラム委員(2007)

International Program Committee, 16th IEEE International Symposium on Rotot & Human Interactive Systems (RO-MAN 2007)(2007)

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会,Women in Robotics:共同参画社会のロボティクス,コーディネータ(2007)

日本ロボット学会誌Vol.25, No.3, 21世紀COE−若手ロボット研究者の視点で
特集号, 担当編集委員(2007)

Steering Committee, the Initiative for Science for Health and Well-Being, ICSU(2006-)

Session Organizer, Human Science Integration and its Synthetic Research Methodology, CODATA06(2006)

Program Committee, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 2006(2006)

第16回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN'06) 実行委員(2006)

日本ロボット学会誌Vol.24, No.5, Women in Robotics特集号, 担当編集委員(2006)

Program Committee, Workshop on Gender and Interaction, Advanced Visual Interfaces 2006(2006)

Chief Secretary, IEEE Japan Council WIE (2006-2007)

Program Committee, The 9th International Conference on Intelligent Autonomous Systems(2006)

Session Organizer, Women in Robotics, Human Science and Technology, The 9th International Conference on Intelligent Autonomous Systems(2006)

日本ロボット学会 編集委員(2005-)

社会的知能発生学研究会 幹事会員(2005-)

日本バーチャルリアリティ学会 第10回大会実行委員(2005)

計測自動制御学会システムインテグレーション部門 ソフトマテリアル応用部会委員(2004-)

東京大学情報理工学系研究科21世紀COE「情報科学技術戦略コア実世界情報システムプロジェクト推進委員(2003-)

計測自動制御学会システムインテグレーション部門 ソフトマテリアル機能応用研究調査会委員(2003-2004)

日本生化学会 生化学若い研究者の会 夏の学校事務局役員(1999-2000)

日本生化学会 生化学若い研究者の会 関東支部春の学校オーガナイザ(1999)

日本生化学会 生化学若い研究者の会 センター事務局役員(1998-1999)

用の美システム研究会代表(1995-)
受賞、優秀講演

平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 (2014.4)
(大規模会話データに基づく個別適合型認知活動支援)

千葉大学工学部地域・社会貢献賞 (2013.3)
(共想法による認知症予防の実践研究を通じた地域福祉への貢献)

人工知能学会近未来チャレンジ修了認定 (2012.6)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学)

人工知能学会近未来チャレンジサバイバル(卒業) (2011.8)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学,サバイバルオブチャレンジ4回目)

Best Paper Award Finalist, 2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (2010.12)

人工知能学会近未来チャレンジサバイバル (2010.8)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学,サバイバルオブチャレンジ3回目)

人工知能学会近未来チャレンジサバイバル (2009.11)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学,サバイバルオブチャレンジ2回目)

Winner in the R10 Women in Engineering Affinity Group of the Year Certificate of Honour 2008 (2009.9)
(IEEE Japan Council WIE Affinity Group as Vice Chair)

Winner in the 2008 WIE Affinity Group of the Year Award (2009.5)
(IEEE Japan Council WIE Affinity Group as Vice Chair)

人工知能学会近未来チャレンジサバイバル (2008.11)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学,サバイバルオブチャレンジ1回目)

人工知能学会近未来チャレンジサバイバル (2007.10)
(認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学,ニューチャレンジ)

Honorable mention in the 2006 WIE Affinity Group of the Year Award (2007.5)
(IEEE Japan Council WIE Affinity Group as Chief Secretary)

第18回日本ロボット学会研究奨励賞 (2003.9)
(電場応答性高分子ゲルマニピュレータの先端位置制御. 第20回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2M12, 2002.)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'03優秀講演(2003.5)
ゲルロボットの研究:空間分布電場平行移動法による電場応答性高分子ゲルの反転運動生成,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'03講演論文集, 2P1-3F-F6, 2003.)
ゲルロボットの研究:空間分布電場平行移動法による電場応答性高分子ゲルの巻きつき運動生成,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'00講演論文集, 2P1-3F-F7, 2003.)

Special Highlights Panelists of Designing Interactive Systems (2002.6)
(Exploring Exhibit Space in a Personal Perspective: An Interactive Photo Collage of a Folk Crafts Museum. In Proceedings of ACM SIGCHI Designing Interactive Systems, pp. 393-398, 2002.)

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00優秀講演(2000.5)
(アクチュエータ機能を持つ電場応答性高分子ゲルの多リンク機構モデリング,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'00講演論文集, 2P1-47-082, 2000.)
(電場応答性高分子ゲルを用いたロボットのしゃくとり虫運動,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会'00講演論文集, 2P2-61-092, 2000.)

高度映像情報センター ミュージアム奨励賞 (1996.3)
(大武美保子,日本民藝館. )
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.