Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - 研究の市民参加で科学技術と社会が面白くなる

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (47998)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 研究の市民参加で科学技術と社会が面白くなる 人気サイト    rss 最終更新日 2009-9-6 20:47
カテゴリ  研究業績
説明
大武美保子.研究の市民参加で科学技術と社会が面白くなる,2008年新春展望,Biotechnology Japan,2008.1.4.

ヒット数: 1603   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2018-2-23 1:19

日経デジタルヘルスより、モバイルデバイスで頭痛を緩和!? (2018-2-22 8:00)
皆さま、こんにちは。キュア・アップの佐竹晃太です。本連載では、モバイルテクノロジーによる新しい治療アプローチの可能性や先進事例を紹介しています。前回は、「アプリで失明の危機を早期発見!?」と題して、目の健康を支える米国スタートアップ事例を紹介しました。今回は、モバイルヘルスを使って頭痛に悩む人々を支える海外スタートアップの事例を2つ紹介します。
【GreenInnovation Vol.350】、食品にて表示が義務化されている「遺伝子組換え」とは、どの範囲か 世界に (2018-2-22 8:00)
 今回は、消費者庁の「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の話題をお届けします。2018年1月31日の第8回と、2月16日の第9回を傍聴しました。
【日経バイオテクONLINE Vol.2868】、Wmの憂鬱、反省も込めて、iPS細胞の分化能を決める新因子発見 (2018-2-22 8:00)
 理想のiPS細胞作製を目指して、いろいろな遺伝子の探索が行われています。Glis-1、ヒストンH1-fooなど、山中4因子もしくはMycを除いた3因子に加えて、より分化能を維持しながら増殖性を保持するiPS細胞を樹立 ...
日本化薬、フェーズIIIで非劣性示せなかったNK105の追加試験を開始 (2018-2-22 8:00)
 日本化薬は2018年2月21日、パクリタキセル内包高分子ミセルであるNK105の追加試験となるフェーズIIを開始した。
Jiksak Bioengineering、独立系VCなどから1億7000万円調達 (2018-2-22 8:00)
 生体内の神経と同様の3次元構造を持つ「Nerve Organoid(ナーブオルガノイド)」をマイクロ流体デバイス使って作製する基盤技術を有するJiksak Bioengineering(東京・文京、川田治良代表取締役)は、2018年2 ...
セルシード、2018年度に黒字転換へ (2018-2-22 8:00)
 東京女子医科大学発「細胞シート再生医療」の世界普及を目指すセルシードは2018年2月21日、2018年度に黒字転換する計画を発表した。都内で開催した2017年度(2017年12月期)決算発表説明会にて「事業提携先の ...
武田薬品、Wave Life Sciences社と神経疾患の核酸医薬の研究で提携 (2018-2-22 8:00)
 武田薬品工業は、2018年2月21日、核酸医薬の開発を手掛けるシンガポールWave Life Sciences社と共同研究などを進めるため提携契約を締結した。同時に、Wave社が遺伝性神経疾患などを対象に開発中の複数の核酸 ...
メドレックス、2018年12月期もマイルストーン収入を見込む (2018-2-22 8:00)
 メドレックスは、2018年2月20日、2017年12月期の決算説明会を開催。現在、米国でフェーズI段階の3つのパイプラインの状況などを説明した。同社は、チザニジンテープ剤の痙性麻痺治療薬CPN-101を導出したインド ...
カネカやテルモなど4社、閉鎖系の細胞培養装置などを組み合わせて販売へ (2018-2-22 8:00)
 理化学機器の商社である池田理化(東京・千代田、高橋秀雄社長)は、2018年2月14日、ダイダンが開発した、細胞培養加工施設(CPC)内の局所をクリーン化させるシステムを導入し、主に自由診療で再生医療を手掛 ...
伊藤勝彦の業界ウォッチ、海外大手企業の2017年決算を読む―米AbbVie社、米Amgen社編 (2018-2-22 8:00)
 今回は、医療用医薬品の世界売上高ナンバーワン製品である「ヒュミラ」(アダリムマブ)を持つ米AbbVie社と、骨粗鬆症治療薬の「プラリア」(デノスマブ)と多発性骨髄腫治療薬の「カイプロリス」(カルフィル ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.