Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - 生化学若い研究者の会

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (18)  |  RSS/ATOM 記事 (50803)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 生化学若い研究者の会 人気サイト    atom 最終更新日 2006-4-7 0:50
カテゴリ  研究業績
説明
生化学若い研究者の会では、日本生化学会後援の元、将来の生命科学を担う大学院生を 中心に研究に携わる様々な方で構成され、全国各地でシンポジウムやセミナーなどの活動を行い、 若い頭脳のネットワークづくりを進めています。

ヒット数: 1381   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  ATOM

ATOM feed   atom  最終更新日 2019-5-25 6:31

【6/9(日)】東北支部 生物統計セミナー開催
生化学若い研究者の会 東北支部 生物統計セミナー この度、生化学若い研究者の会・東北支部では、 東北大学 池田郁男 先生をお呼びし、生物統計セミナーを開催することとなりました。池田先生は機能性食品成分の肥満と動脈硬化予防作用に関する研究活動の傍ら、研究者が頭を悩ませる統計検定のセミナー講演や、生物学研究者に向けた統計検定の本を出版されるなど、生物統計のスペシャリストとして知られています。 なお、本セミナーは生化学会東北支部のご協力のもと、6月8日・9日に行われる日本生化学会東北支部第85回例会・シンポジウム内の企画の一つとして開催されます。本セミナーは支部例会に参加登録していなくても参加可能となっております。 詳しくはこちら
【4/20(土)】北陸支部 春セミナー開催
生化学若い研究者の会 北陸支部 春セミナー この度、生化学若手の会 北陸支部は2019年4月20日(土)に春セミナーを開催する運びとなりました。 今年の春セミナーは、「醸造」について学ぶことを目的に ...
【3/23】四若手合同学振セミナーのお知らせ
生化学若い研究者の会 関東支部の皆様 いつもお世話になっております、筑波大学の黒川です。 生化学、生物物理、分子科学、脳科学の四若手合同セミナーとして、学振セミナーを3/23(土)に開催いたします。 本 ...
【1/12】北陸支部 冬のデザインセミナー
この度、生化学若手の会 北陸支部は2019年1月12日(土)に冬セミナーを開催する運びとなりました。 長岡造形大学の吉川 賢一郎 先生をお呼びし、第一部では「余白に配慮した違和感のない図面配置の方法(視覚 ...
【1/26】近畿支部 冬のセミナー〜研究交流会&講演「創薬研究の最前線」〜
冬セミナーのお知らせ!! 2019年1月26日(土)開催決定! 参加登録は2019年1月22日まで! 生化学若い研究者の会 近畿支部主催 冬のセミナーのお知らせをさせていただきます。 本年の冬のセミ ...
【11/17】関東四若手セミナー 「機械学習で脳を調べる。機械学習を産業ロボットに使う。」
生化学若い研究者の会 関東支部の皆様 お世話になっております。埼玉大学の落合です。 生化学、生物物理、分子科学、脳科学による四若手合同セミナーを 11月17日(土) に東京大学駒場キ ...
エビスビール記念館見学・スタッフ説明会&夏学後懇親会のお知らせ
  生化学若い研究者の会 関東支部の皆様 お世話になっております。埼玉大学の落合です。 生化学若い研究者の会 関東支部では、第58回生命科学夏の学校(以下、夏学)後に、遠足企画「エビスビー ...
【8/4】関東支部 夏学前懇親会のお知らせ
  生化学若い研究者の会 関東支部の皆様 お世話になっております。埼玉大学の落合です。 今年度8/31(金)〜9/2(日)にかけ、生化学若い研究者の会が主催する「第58回生命科学夏の学校」(http://www ...
生化学若い研究者の会創立60周年記念シンポジウム・祝賀会 開催のお知らせ
お世話になっております。生化学若い研究者の会 センター事務局長の西村亮祐です。 当会は平成30年をもちまして創立60周年の節目を迎えることとなりました。 これもひとえに創設に尽力されました諸先輩方の献 ...
【7/21】夏の研究セミナー
この度、生化若手の会北陸支部では、7/21(土)に夏の研究セミナーを開催致します。 第一部では、講師の先生方3名をお呼びし、ご自身の研究についてご講演いただきます。第二部では、「研究・学生生活について ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.