Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (49148)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (49148)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

ベンチャー探訪、インド出身医師が創設したジーエヌコーポレーション  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-17 8:00) 
 山梨県甲府市に本社を置くジーエヌコーポレーション(網倉よし子代表取締役社長)は、インド出身の医師であるSamuel JK. Abraham氏(同社研究開発担当)が考案した技術で事業化を目指すベンチャーだ。
テラ、取締役会経ない契約や矢崎社長の株式売却で第三者委員会設置  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-17 8:00) 
 テラは、2018年8月10日、同社の資金調達に関与していたGFA Capital(東京・港、高木良代表取締役)とのファイナンシャル・アドバイザリー・サービス契約が取締役会の承認を得ないで締結されていた疑いがあることや、矢崎雄一郎社長による今春の株式売却がインサイダー取引に該当する可能性があることなどについて、第三者委員会を設置して調査を行うと発表した。
厚労行政を斬る、AIやICTの医療への導入をいかに進めるか  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-17 8:00) 
 米国を起点とする人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)の開発は目覚ましく、特にここ10年余りは想定外ともいえるほどの進歩があり、日常生活にも深く浸透している。医療分野への応用も日進月歩で開発が進み、従来型の医療に対して大きな変革をもたらす可能性が高い。
武田薬品、肝疾患対象の細胞療法など開発する米社に出資  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
 武田薬品工業は、2018年8月9日、重症肝疾患を対象とした細胞治療や遺伝子治療、低分子医薬品の研究開発を手掛ける米Ambys Medicines社と提携契約を締結したと発表した。
Oncology◎WCGC2018・大腸癌、大腸癌で見えた新たな免疫チェックポイント阻害薬の方向性  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
(編集部注)2018年6月に米国シカゴで開催された米臨床腫瘍学会2018(ASCO2018)に参加した医師に、レビューをしていただいた。
キャリアアドバイザーの業務日誌(第8回)、キャリアアップよりも、ワークライフバランスを重視  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
「本当にそれでいいんですね? 目の前の問題解消だけでなく、10年後、20年後という長期的視点でも考えられた上でのお考えですね?」 私はFさん(30代・女性)に、そう念を押した。
世界初、米国で米Alnylam社のsiRNA医薬「ONPATTRO」が承認獲得  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
 米Alnylam Pharmaceuticals社は、2018年8月10日、成人の遺伝性トランスサイレチン型(hATTR)アミロイドーシスによる多発性神経障害の治療薬として、同社の核酸医薬である「ONPATTRO」(patisiran)が、米食品医薬品局(FDA)から承認を得たと発表した。RNA干渉(RNAi)によるsiRNA医薬が承認されるのは、世界で初めて。
アステラス、緑内障向け遺伝子治療薬を開発する英Quethera社を買収  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
 アステラス製薬は2018年8月10日、緑内障など眼科領域で遺伝子治療薬の開発を手掛ける英Quethera社を100%子会社化したと発表した。買収金額は最大で8500万ポンド(約120億円)。アステラスは眼科領域で商品を持っているわけではないが、同分野の開発パイプラインを拡充する。
米研究者ら、臍帯血中の幹細胞を増殖させる手法を開発  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
 米Stowers Institute for Medical Researchなどの研究者たちは、ヒト臍帯血(hUCB)に含まれる成人型の幹細胞を増殖させる手法を開発。Cell Research誌オンライン版に2018年7月31日に報告した。得られた知見は、より多くの患者に、幹細胞移植の機会を与えるかもしれない。
米Regeneron社、米bluebird bio社と癌の新たな免疫細胞療法で提携  from 日経バイオテクONLINE  (2018-8-16 8:00) 
 米Regeneron Pharmaceuticals社と米bluebird bio社は、2018年8月6日、両社の各技術プラットフォームを利用し、癌に対する新たな免疫細胞療法の発見、開発、商業化を目指す共同研究を行うと発表した。



« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [4915] » 
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.