Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (50049)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (50049)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

合成生物学の最前線、有利な変異を効率的に選抜酵素など生体分子を改良へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:37) 
 市橋伯一教授は、生物のように自発的に進化し続ける生体分子の作製を目指している。ここでの進化とは、ある環境に対応するのに有利な変異を持ったDNAやRNAが選抜されるというサイクルを繰り返すことで、結果的に、より有利なDNAやRNAが集団に広がるというものだ。市橋教授は、試験管内でRNAの複製酵素を連続的に進化させる実験系を構築。酵素を含む生体分子が進化したり、多様性が生まれる仕組みの解明を試みている。
ベンチャー探訪、ソシウム  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:37) 
 ソシウム(SOCIUM)は、産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター(東京・江東)の堀本勝久副研究センター長が開発した創薬基盤技術(遺伝子発現情報解析アルゴリズム)の事業化を目的に2017年9月に創業した。
機能性食材研究(第61回)、ホヤ(海鞘)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:35) 
 ホヤは岩などに固着して生息する海岸脊索動物。世界に存在する2000種類ほどのうち数種類が食用とされる。体を覆う硬い袋状の組織である被のうを除く部分が食される。外側を覆う膜はセルロースでできている。
パイプライン研究、便秘症治療薬  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:34) 
 便秘とは、便の排泄が困難になっている状態の総称である。日本消化器病学会関連研究会がまとめた「慢性便秘症診療ガイドライン2017」では「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義している。
リポート、米Foundation Medicine社の検査ラボを現場取材  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:33) 
 米Intel社に勤務するBryce Olson氏は、4年前、44歳のときに突然ステージ4の前立腺癌と診断された。標準治療を受けたものの、効果は芳しくなく、地元の米Oregon Health & Science大学が独自に開発した癌関連遺伝子の網羅的プロファイリング検査を自費で受診した。
特集、2019年のトレンドを読み解く  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:32) 
 2019年は、国内で再生医療等製品(遺伝子治療を含む)が相次いで実用化されそうだ。2018年中に承認申請された製品が幾つかあることに加え、今後2019年に承認申請される製品でも、先駆け審査指定制度の対象品目に指定されていれば、申請から半年程度で承認を得る可能性があるためだ。
オンライン閲覧TOP15、2018年12月11日から2019年1月7日まで  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:31) 
2018年12月11日から2019年1月7日までの閲覧数に基づき作成した(本誌に掲載しているオンライン閲覧TOP15を掲載しました)。
編集長の目、イノベーションの可能性示した大型M&A  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-14 0:30) 
 2019年1月8日に武田薬品工業によるアイルランドShire社の買収が完了した。一部の株主が反対を表明するなどして2018年の春先から製薬業界の耳目を集め続けた日本企業による大型M&Aもようやく完了し、統合された新会社の下での運営が始まる。
【機能性食品 Vol.364】、内閣府SIP第2期で睡眠やマイクロバイオーム、農研機構の山本万里氏が率いる  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 11:30) 
 2018年12月21日以来、3週間ぶりのメール配信です。  明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
政府、予防を柱とする認知症施策を骨太などに反映する方針  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 政府は2018年12月25日、認知症施策推進関係閣僚会議の初会合を開催し、2019年5月から6月をめどに関係行政機関からの施策を取りまとめて大綱を策定し、骨太などの政府方針へ反映することを決めた。安倍総理は「認知症への対応が喫緊の課題であるとの認識の下、取りまとめに向けて早急に検討を進めるよう」関係閣僚へ指示した。認知症対策というと、これまで厚生労働省の新オレンジプランに基づく、認知症の高齢者を地域で受け止めるための施策が中心だったが、新たな大綱では、共生に加え、予防を大きな柱として位置付け、予防のためのエビデンスの構築や新薬開発などに取り組んでいく。



« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 [5005] » 
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.