Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (50049)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (50049)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

経産省、2019年度の新規事業として先進的医療機器の開発支援に35億円  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-7 8:00) 
 経済産業省は2019年度(平成31年度)から、医療機器の大型開発事業に取り組む。商務・サービスグループの医療・福祉機器産業室が取り組む「先進的医療機器・システム等技術開発事業」で、予算額は35.1億円となった。事業は2019年度から6年間を見込んでおり、9年後の2027年度までに4件の医療機器を実用化させることを成果目標とする。
2019年度のAMED予算、11億円増の1271億円を計上  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-7 8:00) 
 2019年度の健康・医療分野の予算案が明らかになった。日本医療研究開発機構(AMED)対象経費は11億円増の1271億円(文科省608億円、厚労省474億円、経産省184億円、総務省5億円)、各省のインハウス研究機関経費は5億円増の764億円(文科省262億円、厚労省417億円、経産省85億円)となった。2次補正予算には、AMED対象経費として医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)予算250億円(内閣府)、インハウス研究機関経費として6億円(厚労省)が計上された。これらにに加え、内閣府に計上される科学技術イノベーション創造推進費の一部175億円を医療分野の研究開発関連の調整費として充当する予定。
Oncology◎ESMO2018・腎細胞癌、TKIとIOの「複合免疫療法」が腎細胞癌1次治療の選択肢に  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-7 7:00) 
(編集部注)腎癌に詳しい医師に、腎癌診療の最新動向のレビューをしていただいた。
米BMS社、米Celgene社を8兆円で買収し、世界4位の製薬企業へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-4 15:49) 
 米Bristol-Myers Squibb Company社は、2019年1月3日(米国時間)、米Celgene社を買収するため、同社と買収契約を締結したと発表した。Celgene社の株式1株当たり、BMS社の株式1株と現金50ドルを割り当てる。株式交換と現金を合わせて、買収総額は約740億ドル(約8兆円)。2017年の売上高は、両社合計で約340億ドル(約3兆7000億円)となることから、実現すれば、米Pfizer社、スイスNovartis社、スイスRoche社に続く、世界4位の製薬企業となる見通しだ。
ノイルイミューン、武田薬品に固形癌に対するCART療法の2品目を導出  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-4 8:00) 
 ノイルイミューン・バイオテック(東京・中央、石?秀信代表)は、2018年12月、固形癌を対象としたキメラ抗原受容体T細胞(CART)療法であるNIB-102およびNIB-103について、武田薬品工業と全世界における独占的ライセンス契約を締結した。
【日経バイオテクONLINE Vol.3074】、免疫チェックポイント阻害薬の感受性を上げるには  from 日経バイオテクONLINE  (2018-12-26 8:00) 
 膵臓癌は予後が悪い癌の筆頭格です。  ほかの癌の生存率が年を追うごとに改善しているのに対して、膵臓癌は苦戦が続いています。国立がん研究センターが2018年9月に発表した3年生存率では、胃癌の74.3%、大腸癌の78.1%、乳癌の95.2%、肺癌の49.4%に対して、膵臓癌は15.2%という状況でした(いずれも全ステージを統合したデータ)。その理由として早期発見が難しく、進行して手術が困難になって発見されることが多く、手術できたとしても再発率が高いという点が挙げられます。日本国内では毎年3万人が膵臓癌で亡くなっています。
【日経バイオテクONLINE Vol.3073】、Mmの憂鬱、定点観測、ToMMo、癌ゲノム医療の救世主、公開迫る  from 日経バイオテクONLINE  (2018-12-25 8:00) 
 本日は師走ですので、短く、東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の定点観測をお伝えいたします。今年度中に我が国でも遺伝子パネルを使用して癌ゲノム医療が保険診療で始まります。ただし、現在の遺伝子パネルには深刻な問題点があり、日本人の癌患者さんに本当に最適処方を与え、なおかつ、新しいドライバー遺伝子変異を発見して、我が国発の画期的な抗癌剤の開発につながるという、虫のいい一石二鳥が全く実現できない危機にひんしているのです。それをToMMoは救うべく、独自に解析した日本人の標準ゲノムを近く公開することを急いでいました。まさに、我が国の癌ゲノム医療の救世主にならんとしていたのです。 ◎関連記事 定点観測、ToMMo、我が国がリードする次世代ゲノム地図の産声 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/12/04/00287/?ST=wm ヒト・ゲノム解読は終わっていなかった!性染色体の悲劇 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/06/27/00351/?ST=wm いきなりよろめく我が国の癌ゲノム医療(3)、一筋の光明 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/06/11/00346/?ST=wm  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願い ...
【機能性食品 Vol.363】、新規関与成分のトクホ、かどや製油と明治が食品安全委員会に挑戦中  from 日経バイオテクONLINE  (2018-12-21 11:00) 
 定例の保健機能食品のアップデイトです。  機能性表示食品はこの1週間では、先週金曜日(2018年12月14日)に16件の新規届け出情報を、消費者庁が公表しました。届出番号は、D250からD265です。  今回は、新規な機能性関与成分は無いかと思います。
DWTI、マルチキナーゼ阻害薬のH-1337、フェーズI/IIaで評価項目達成  from 日経バイオテクONLINE  (2018-12-21 8:00) 
 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI)は、2018年12月20日、緑内障・高眼圧症を対象に米国で実施していたマルチキナーゼ阻害薬であるH-1337のフェーズI/IIaで、安全性などの主要評価項目を達成したと発表した。
かどや製油のごま油がLDLコレステロール対策のトクホに前進  from 日経バイオテクONLINE  (2018-12-21 8:00) 
 ゴマに豊富なリグナン成分であるセサミンとセサモリンを関与成分とする食用調理油「健やかごま油」が、特定保健用食品(トクホ)として表示許可されるための重要な手続きを近く終える見通しとなった。食品安全委員会(食安委)の新開発食品専門調査会(座長:清水誠・東京農業大学教授/東京大学名誉教授)が、健やかごま油の食品健康影響評価書をとりまとめて食安委に報告することを、2018年12月18日に非公開で開催された第118回新開発食品専門調査会にて決定した。



« [1] 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 [5005] » 
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.