Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - BTJジャーナル

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (19)  |  RSS/ATOM 記事 (57665)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 16:03
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 2273   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2022-11-28 5:06

特集◎バイオプロセス×ものづくりの新潮流、住友化学、高機能性物質の発酵生産技術から二酸化炭素の直接回 (2022-11-21 7:00)
 バイオプロセスによるものづくりの動きは、国内の大手化学企業へも広がっている。住友化学は、複数の海外企業と提携し、高機能性の天然物を発酵生産する取り組みなどを進めている。また、カーボンニュートラルの実現に向け、植物など生態系を活用して二酸化炭素の吸収量を増やす技術「EcoDAC」の研究開発を進めている。2022年10月17日、同社技術研究企画部の冨永幸雄担当部長が本誌の取材に応じた。
キーワードを専門誌記者がわかりやすく解説、ビタミンDとは (2022-11-21 7:00)
 ビタミンDは腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素だ。紫外線の作用により、皮膚でもビタミンDは産生される。免疫力向上に役立つとの研究成果も報告されており、新型コロナウイルス感染症 ...
香港Insilico社と仏Sanofi社、AI創薬の戦略的提携で最大6品目の新薬開発へ (2022-11-21 7:00)
 香港Insilico Medicine社は2022年11月8日、フランスSanofi社と複数年の戦略的提携契約を締結したと発表した。Insilico社の人工知能(AI)創薬プラットフォーム「Pharma.AI」を用いて最大6つの創薬標的を同定し ...
タカラバイオ、「2023年の2号棟完全稼働でCDMO事業は倍増の200億円規模へ」 (2022-11-21 7:00)
 タカラバイオは2022年11月15日、2023年3月期第2四半期(2022年4月〜9月)の決算説明会を開催した。同社は大塚製薬に導出していたT細胞受容体T細胞(TCR-T)療法のNY-ESO-1 siTCRの契約が11月10日に終了したこ ...
独Eppendorf社、「自動化志向の根本は実験の加速化と再現性」 (2022-11-21 7:00)
 理化学機器メーカーのドイツEppendorf社は、実験室のデジタル化とユニバーサル化を進めている。実験機器の稼働状況をモニタリングするシステムや自動分注装置の開発・販売を進めるほか、手の大きさによって実 ...
2022年11月21日号 目次 (2022-11-21 7:00)

分泌蛋白質研究の米Juvena社、シリーズAで58億円調達 (2022-11-21 7:00)
 加齢や神経筋関連疾患などに対する分泌蛋白質の治療応用を研究している米Juvena Therapeutics社は2022年11月8日、シリーズAラウンドで目標額を上回る4100万ドル(約58億円)を調達したと発表した。調達資金の ...
ベンチャー探訪、ミーバイオ、遺伝子発現などの光制御技術をリサーチツールに応用 (2022-11-21 6:59)
 ミーバイオ(miibio)は、遺伝子の発現・破壊・編集などを光で制御する独自技術の実用化を目指すスタートアップだ。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻の佐藤守俊教授の研究成果を基盤に、2019年4月に ...
特集、先進的研究開発戦略センター(SCARDA)の濵口道成センター長に聞く (2022-11-21 6:58)
 緊急時に備え、平時からのワクチンの研究開発を主導するのがその役割だ。各省庁の縦割りを排した予算配分を行い、次のパンデミックに備えた技術を培う。既にワクチン開発のための世界トップレベルの研究開発拠 ...
特集、脆弱さを露呈した日本のワクチン産業 (2022-11-21 6:57)
 米国のTrump政権によるワープスピード作戦の後押しと、mRNAワクチンという技術革新により、パンデミック(世界的大流行)の発生からわずか1年足らずで実用化した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けワク ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.