Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - BTJジャーナル

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (47416)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 16:03
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1610   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2017-11-24 12:40

トランスジェニック、癌ゲノム検査等手掛ける先端医療事業が好調 (2017-11-22 8:00)
 トランスジェニックは、2017年11月21日、2018年3月期第2四半期の決算説明会を開催。福永健司社長は、グループ会社のジェネティックラボが前処理を担っていた癌クリニカルシーケンス(癌遺伝子パネル)検査の「PleSSision(プレシジョン)検査」について、2017年12月から、前処理に加えて次世代シーケンサー(NGS)を用いた解析も始めることを明らかにした。
日本イーライリリー、EXPEDITION3試験の解析結果を認知症学会で発表へ (2017-11-22 8:00)
 日本イーライリリー、米Eli Lilly社、米Avid Radiopharmaceuticals社、米Columbia大学のグループは、2017年11月24日から石川県・金沢市で開催される第36回日本認知症学会学術集会でアルツハイマー病治療用抗体 ...
Nature誌、表皮水疱症対象に自家遺伝子導入表皮シートの治療結果を掲載 (2017-11-22 8:00)
 ドイツRuhr大学のTobias Hirsch氏らは、極めて重症の接合部型表皮水疱症(JEB)の小児患者に残っていた健康な表皮を採取し、正常な表皮の形成に欠かせないLAMB3遺伝子を導入して培養、皮膚シートを作製し、3回 ...
Sangamo社、in vivoゲノム編集療法のPI/IIで患者への治療を開始 (2017-11-22 8:00)
 米Sangamo Therapeutics社は、2017年11月15日、ムコ多糖症II型(MPS II;ハンター症候群とも言う)の成人患者に同社のin vivoゲノム編集療法SB-913を単回投与する多施設フェーズI/II試験CHAMPIONSにおいて、最初 ...
【日経バイオテクONLINE Vol.2809】、精密医療で思い出したある外科医の先生の話 (2017-11-22 8:00)
 みなさん、おはようございます。日経バイオテク副編集長の久保田です。日本のゲノム医療の現状をまとめた最新号の特集はお読みいただけましたでしょうか。来週半ばまで、特集連動の記事を連日掲載しますので、 ...
リボミック、日米の臨床試験の詳細を明らかに (2017-11-22 8:00)
 東京大学発ベンチャー企業でアプタマーのベンチャー企業、リボミック(東京・港区)が同社主導で臨床研究を開始する。同社はアプタマーをベースの医薬品や工業製品の開発を指向するベンチャー企業。標的蛋白質 ...
慶應大、抗癌幹細胞薬のPEG化剤を開発 (2017-11-22 8:00)
 慶應義塾大学医学部・先端医科学研究所遺伝子制御研究部門の佐谷秀行教授は、抗癌幹細胞薬として開発が進むスルファサラジン(SSZ)の水溶性を高めるために、東京工業大学と共同で、ポリエチレングリコール(P ...
特集連動◎どうなる日本版の癌ゲノム医療、シスメックス辻本氏、「日本なりの癌ゲノム医療の在り方必要」 (2017-11-22 8:00)
 シスメックスは、国立がん研究センターで開発された「NCCオンコパネル」を用いたパネル検査(癌クリニカルシーケンス検査)の承認取得を目指し、開発を進めている。同パネル検査は、厚生労働省の先駆け審査指 ...
2017年11月20日号 目次 (2017-11-20 0:50)

主要バイオ特許の登録情報、中外製薬、「二重特異性抗体を精製するための抗体改変方法」ほか (2017-11-20 0:45)
主要バイオ特許の登録情報を掲載します。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.