Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - BTJジャーナル

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (48944)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 16:03
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1690   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2018-7-18 12:02

キャリアアドバイザーの業務日誌(第7回)、「うちの求人には合わない」から逆転採用された理由 (2018-7-18 8:00)
「うーん、この方はこのポジションには絶対合わないでしょう…」 私がX社にNさんを紹介した当初、X社の採用担当者はこう難色を示した。
明治が10数年ぶりの新トクホへ、AlaとArg、Pheで体脂肪対策 (2018-7-18 8:00)
 明治が、3種類のアミノ酸(アラニン:Ala、アルギニン:Arg、フェニルアラニン:Phe)を関与成分とする体脂肪対策の清涼飲料水について、特定保健用食品(トクホ)の表示許可申請を、消費者庁に行ったことが分 ...
【日経バイオテクONLINE Vol.2967】、「ホモ・デウス」─神になるのは誰なのか? (2018-7-18 8:00)
 おはようございます。日経バイオテク編集長の橋本です。ちょっと前のメルマガでも少し紹介しましたが、国内外の製薬企業とバイオベンチャー合計715社が開発中の創薬プロジェクト5272件について、14の領域別、1 ...
Yale大など、子宮内遺伝子編集でβサラセミアモデルマウスが治癒 (2018-7-18 8:00)
 米Yale大学と米Carnegie Mellon大学の研究者らは、ペプチド核酸(peptide nucleic acid:PNA)とドナーDNAを含むナノ粒子を用いた子宮内遺伝子治療実験を行い、βサラセミアモデルマウスをほぼ治癒させることに ...
大鵬薬品、米Arcus社からアデノシンパスウェイ狙う経口癌免疫療法導入 (2018-7-18 8:00)
 大鵬薬品工業は、2018年7月1日、米Arcus Biosciences社と契約し、同社が開発中のアデノシン受容体阻害薬であるAB928とそのバックアップ化合物について、中国を除くアジアを対象地域として、独占的に開発・販売 ...
東京大、GVHDに対する臍帯由来MSCの医師主導治験を開始 (2018-7-18 8:00)
 東京大学医科学研究科附属病院のセルプロセッシング・輸血部の長村登紀子准教授らの研究グループは、2018年7月17日、重症急性移植片対病(GVHD)の患者を対象に臍帯由来間葉系幹細胞(MSC)の医師主導治験のフ ...
国がんと量研放医研、悪性脳腫瘍に対する放射線治療薬で医師主導治験 (2018-7-18 8:00)
 国立がん研究センターと量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所(量研放医研)は2018年7月17日、悪性脳腫瘍に対する放射線治療薬「64Cu-ATSM」を共同で開発し、2018年7月から医師主導治験(フェーズI) ...
【日経バイオテクONLINE Vol.2966】、Wmの憂鬱、やっと出たゲノム編集規制素案の賞味期限 (2018-7-17 8:00)
 とうとう我が国もゲノム編集規制の素案が初めて提示されました。2018年7月11日に環境省が開催した中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会で、ゲノム編集で遺伝子に部位特異的変異(塩基の挿 ...
オランダCleara社、老化細胞を標的とする新規治療開発で官民提携 (2018-7-17 8:00)
 オランダCleara Biotech社は、2018年7月6日、老化細胞を標的とする新たな治療法の発見と開発のため、3つの官民パートナーシップを結んだと発表した。
英研究者、認知症や脳梗塞リスク高める脳小血管病の原因分子を同定 (2018-7-17 8:00)
 加齢に伴って発症する認知症の1つである脳小血管病(SVD)は、血管内皮細胞が機能不全に陥ることで進展していくことが分かった。英University of EdinburghのAnna Williams 氏らの研究グループがラットモデル ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.