Home  News  Album  Links
メインメニュー
検索
リンク - BTJジャーナル

logo

リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (8)  |  相互リンクサイト (3)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (16)  |  RSS/ATOM 記事 (48589)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 16:03
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1684   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2018-5-21 16:08

米Lilly社、オーロラキナーゼA阻害薬開発する米AurKa社を買収へ (2018-5-21 8:00)
 米Eli Lilly社は、2018年5月14日、ベンチャーキャピタルのTVM Capital Life Science社が創設に関わった癌治療薬開発会社の米AurKa Pharma社を買収する契約を結んだと発表した。
日本化薬、PIIIで非劣性示せなかったNK105は治療初期の有効性に課題 (2018-5-21 8:00)
 日本化薬は、2018年5月11日、2018年3月期通期の決算説明会を開催。同社の南部静洋常務執行役員は、ナノキャリアから導入し、乳癌を対象に開発している抗癌剤のNK105 (パクリタキセル内包高分子ミセル)につい ...
米Harvard大、米Beam社にDNA塩基編集技術のライセンスを供与 (2018-5-21 8:00)

政府がAMEDプロジェクトを評価、「全体として、順調に進捗している」 (2018-5-21 8:00)
 政府の健康・医療戦略推進専門調査会は2018年5月16日、日本医療研究開発機構(AMED)で実施している医療分野研究開発推進計画の実行状況について確認し、9つの統合プロジェクトについて評価結果を取りまとめた ...
東洋紡、100%バイオマス樹脂PEFを供給へ、パリ協定の目標達成に貢献 (2018-5-21 8:00)
 包装用資材の歴史を転換させる可能性を秘めた、画期的なバイオ新素材が2020年代の中ごろにも登場する。100%バイオマス由来のポリエチレンフラノエート(PEF:ペフ)だ。ドイツBASF社が出資するオランダSynvin ...
フロンティアの景色──バイオハッカーと呼ばれて(第6回)、DIYバイオの光と影 (2018-5-21 8:00)
 これまでの連載でもDIYバイオの可能性や先駆的な例などを紹介する中で度々安全性についても触れてきた。本記事では前回の記事の後半でも触れた、安全面の懸念や危険性を取り上げる。
【日経バイオテクONLINE Vol.2924】、Wmの憂鬱、変身するペプチドリームの新戦略 (2018-5-17 14:00)
 いやー、誤解しておりました。 ペプチドリームは単なる世界一の多様性を誇る特殊環状ペプチドライブラリーの会社だけだと思い込んでおりまた。しかし、久しぶりに川崎の新社屋を訪ねてみると、スイスNovartis ...
米Lilly社、癌免疫療法手掛ける米ARMO BioSciences社を買収へ (2018-5-17 8:00)
 米Eli Lilly社と米ARMO BioSciences社は、2018年5月10日、Lilly社がARMO社を買収するための正式契約を結んだと発表した
ベンチャー探訪、aceRNA、細胞選別用のRNAスイッチの実用化目指す京大発ベンチャー (2018-5-17 8:00)
 京都大学イノベーションキャピタル(京都iCAP)は2018年5月15日、同社が運営する「KYOTO−iCAP1号ファンド」が、京都大学発ベンチャーであるaceRNA Technologies(アセルナ テクノロジーズ、京都市左京区、進照 ...
医療機器市場最前線、TOTO、普段通りの排尿で尿量や尿流を測定できるトイレを発売 (2018-5-17 8:00)
 TOTOは2018年5月8日、普段通りに排尿するだけで尿量や尿流の程度を測定できるトイレとして2017年から発売している医療機器「フロースカイ」の新モデルを2018年8月に発売すると発表した。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright (C) 2006-, Mihoko Otake. All right reserved.